【RSNA2011スペシャルレポート!】「昼食が大変」:辻岡勝美先生(藤田保健衛生大学)より

辻岡勝美先生(藤田保健衛生大学)より現地速報をいただきました!

2011.12.02

「昼食が大変」
藤田保健衛生大学
辻岡勝美

 Rad Fan report No.5は、RSNAでの食事の話題です。毎年6万人もの参加者があるRSNAでは、プログラムの進行によって会場が人であふれます。Refresher CourseとScientific Sessionの間は30分間、その間にLakeside、North、Southへと人が行きかいます。問題は昼食です。これはもう大変。フードコート、マクドナルドは並ぶのが大変。食べ物を手に入れても席がありません。床に座って食べている人も多くいます。我々は・・・、ゆっくりできる場所を開拓しました。まずは、会場内でプリツェル、レモネードを手に入れます。プリツェルは大きくてモチモチしています。塩味がおすすめです。レモネードはレモンをそのまま絞ったものです。この2つを手に入れて、会場の階段を地下に降ります。そこには、私たちだけの昼食会場。のんびりと午後の作戦を練ります。さあ、午後も元気に歩き回ります。

プリツェルとレモネードを手に午後の作成会議中です
会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る