GEヘルスケア・ジャパン、デジタルブレストトモシンセシス「SenoClaireセノクレア」を発売

2013.11.01

 GEヘルスケア・ジャパン(株)は11月1日、従来のマンモグラフィの課題であったデンスブレストの視認性向上や、要精検率の低減を可能にすることが期待される新技術を搭載したデジタルブレストトモシンセシス「SenoClaire(セノクレア)」を発売した。
 「SenoClaire」は、従来のマンモグラフィの課題であった「デンスブレスト」の視認性を向上させ、要精検率の低減を可能にすることが期待されている。画質とX線照射線量、圧迫時間のバランスを考慮し、検査時の乳房への負担を軽減させながら高精度なトモシンセシス画像を実現。奥行き方向のデータも収集し、薄いスライスに画像再構成して観察することによって、これまで困難であった乳腺の重なりを解消し、より精度の高い情報を得ることが可能である。特に、画像再構成に逐次近似法(ASiRDBTアルゴリズム)を採用したことで、従来の画像と比べ、アーチファクトを除去し、微小な関心部位をよりクリアに表現することが可能となった。

■「SenoClaire」の6つの特徴
①GE特許でデンスブレストの撮影に有効な、ロジウム陽極を有したX線管球
②ディテクタの精度向上を実現する、高DQEフラットパネル
③約25度のスイープで, 9回の曝射を行う、高画質と低線量のバランスを考慮した撮影方法
④マンモグラフィーでは初、逐次近似法ASiR DBTを採用した画像再構成法
⑤従来よりも軽量な管球を使用し、よりクリアな画像撮影を可能にする
ステップ&シュートを採用したガントリーコントロール
⑥多くの情報を得ることを可能にしつつ、従来の2D撮影並みの被ばく線量

「SenoClaireセノクレア」

●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
TEL:0120-202-021
URL:www.gehealthcare.co.jp

このページの先頭へ戻る