GEヘルスケア・ジャパン、GE製分娩監視装置の国内販売権をエア・ウォーターに移管

2013.05.09

 エア・ウォーター(株)(本社:大阪府大阪市、代表取締役会長・CEO:青木 弘)とGEヘルスケア・ジャパン(株)(本社:東京都日野市、代表取締役社長兼CEO:川上 潤)は5月9日、GEヘルスケア・ジャパン(株)が有する米GE製の分娩監視装置「コロメトリクス」シリーズと分娩監視テレミータ「ミニテレメトリー」の国内販売権を5月1日付でエア・ウォーター(株)が譲受することで合意したことを発表した。
 両社はこれまで、GE製保育器「ジラフ」シリーズや新生児黄疸光線治療器「ビリソフト」の国内販売において協力してきたが、この合意により、GEヘルスケア・ジャパン(株)のMIC(Maternal Infant Care:母体新生児ケア)事業の全製品の国内販売権をエア・ウォーター(株)が保有することになった。
 両社はこの合意について、製品群の充実を目指すエア・ウォーター(株)と販売ネットワークの強化を目指すGEヘルスケア・ジャパン(株)双方のニーズが一致したことで合意に至ったと述べている。
 なお、この国内販売権の移管を円滑に完了させるために、平成25年6月30日までは両社による併売体制をとり、同年7月1日より完全に移管するとしている。
 エア・ウォーター(株)はGE製の周産期関連医療機器の販売権獲得により、製品のラインナップが強化されることでより総合的な提案の実現とより質の高いサポートの提供を目指すとしている。
 また、GEヘルスケア・ジャパン(株)はエア・ウォーター(株)の強力な販売網を通じて、自社製周産期関連医療機器の拡販や同社が掲げる「Silver to Gold」戦略の取り組み強化につなげ、「人や社会に優しい」医療の実現に貢献していく考えだ。

●お問い合わせ
エア・ウォーター(株)
広報部:06-6252-3966
URL:http://www.awi.co.jp/index.html

GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部:0120-202-021
URL:http://www3.gehealthcare.co.jp/

このページの先頭へ戻る