TOTOKU、新世代LEDバックライト液晶パネルを搭載したデジタルマンモグラフィ画像表示用モノクローム液晶ディスプレイを販売開始

2013.02.22
MS55i2
 東京特殊電線(株)(本社:東京都港区、社長:立川直臣)は、21.3型5メガピクセル(500万画素)デジタルマンモグラフィ画像表示用モノクローム液晶ディスプレイ「MS55i2」を3月1日より販売開始する。
 「MS55i2」はLEDバックライト搭載した新世代IPS液晶パネルを採用し、従来機種との比較において更なる画質向上と省エネルギーを実現できる。
 なお、同製品は3月7~11日にオーストリアで開催されるECR2013(欧州放射線学会)及び、4月12~14日に横浜で開催されるITEM2013(国際医用画像総合展)に出展する。
 
 
【MS55i2の主な特長】
1.新世代IPS液晶パネルによる高コントラスト化を実現
 フィルムレス化に伴い、デジタルマンモグラフィ画像表示用ディスプレイの性能向上が要求されており、1200:1の高コントラスト化を実現し、従来機種(850:1)より大幅な性能向上となった。
 
2.LEDバックライトによる長寿命化・省エネルギー化を実現
 バックライトのLED化により、従来のCCFL(冷陰極管)バックライトを搭載した製品と比較して長寿命化を実現し、5年間の推奨輝度を保証する。またLED化により従来の同社製品と比較し、約20%の消費電力量低減(同社調査)となった。
 
3.サブピクセル独立ドライブテクノロジー(特許第4773522号)を搭載
 入力画像の詳細な情報に応じてサブピクセルを独立ドライブ(表示)することにより、これまでにない超高解像度・高精細表示を実現し、ソフトコピー診断のブレイクスルーを実現できる。
 
4.DICOM適合性試験機能を搭載
 ディスプレイに表示されるOSDを本体ボタンで操作し、フロントセンサーによるDICOM適合性試験が単体で行なえる。
 
※サブピクセル独立表示にはサブピクセル独立ドライブテクノロジーに対応したビューワーソフトウェアが必要。
※JESRA X-0093-2010の管理グレード1対応製品。
 
 

●お問い合せ
情報機器事業部営業部
TEL:03-5860-2131
URL:http://www.totoku.co.jp/

このページの先頭へ戻る