【JRC2012スペシャルレポート】「JRC3日目終了」池田 龍二先生(熊本大学医学部附属病院医療技術部診療放射線技術部門)より

池田 龍二先生(熊本大学医学部附属病院医療技術部診療放射線技術部門)よりJRC2012の速報をいただきました!

 JRC3日目終了。本日も早朝から技術活用セミナーや入門講座を受講しました。その後ITEMに参加、今回は特にクラウド製品に注目し、各ベンダーを訪問させて頂きました。セキュリティを担保して、いかに安全で効率的なデータ管理が可能か? またデータセンターの設置場所、インフラをどう構築するか。各社様々な工夫、システム開発がなされていました。さらに、クラウドコンピューティングの考えとは異なり、データの共有に際して、Skypeによるデータ転送、ファイル共有と同じような仕組みで、相手先の病院へデータを転送する仕組みなども展示されており、どう使い分けるかもとても興味深いところです。
 タブレット製品に関しても、それほどインパクトのあるものには出会えませんでしたが、製品としては安定してきているのではないでしょうか。特にタブレットのOSとしてWindowsをターゲットにしたものも多く出展されており、今後の動向が気になります。
 今回会場の至る所で、タブレット端末を利用されている先生方をお見かけしました。皆さん、このタブレットでプログラムだけでなく、Cyposのデータも見たいと思っているのですが、現状はWindowsタブだけというところの改良に、来年度以降に期待したいところです。
会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る