『Trend Frontier ~担当者に聞く 機器&日常のススメ~』第16回

category:Trend Frontier 連載
2011.12.19

『Trend Frontier ~担当者に聞く 機器&日常のススメ~』は、
メーカご担当者様に注目製品だけでなく、ご自身についても
語っていただくコーナーです!
第16回は、(株)東陽テクニカ 画像システム部 青木実花咲氏に
整形外科向けデジタルプランニングツール 『OrthoPlanner Pro』について
ご紹介いただきました!

図1 股関節プランニング一例
図2 膝関節プランニング一例
図3 カスタム計測機能(膝プランニング)一例
図4 計測一例
図5 院内運用一例

●貴社製品についてのご質問

・貴社製品についてお教えください。
デジタルプランニングツール 『OrthoPlanner Pro(オーソプランナー・プロ)』
デジタルマンモグラフィビューア 『MammoRead(マンモ・リード)シリーズ』
Barco社医療用ディスプレイ

・その中で今いち押しの製品をお教えください。
整形外科向けデジタルプランニングツール『OrthoPlanner Pro』です。

複雑かつ専門的な作業が多い整形外科ではフィルムレスに切り替えることが難しいというお話をよくお聞きします。整形外科のプランニングではフィルム上に直接計測結果を書き込む、フィルムにインプラントのシートを重ねながらサイズを決定するなど、多くの作業でフィルムそのものを使用していたためです。フィルムレス化の環境ではそれらの作業の実施が困難です。先生方がフィルム上で行っていた作業をより直感的に、容易に実現できるソリューションとして、昨今多くのご施設からご支持頂いています。

・その製品の特徴をお教えください。
大きな特徴として、下記の3つが挙げられます。
1)主要インプラントメーカのデジタルテンプレートを多数実装
2)容易なステップで、精度の高い拡大率補正が可能
3)優れた計測機能

1)は、整形外科領域ならではの特長です。国内外の主要インプラントメーカのデジタルテンプレートを多数実装し、アップデートも定期的に行っています。導入を検討されているお客様より「新しいインプラントのデータはどうするの?」というご質問をよく頂きます。当社ではインプラントメーカ様のご協力のもと、新規インプラントに関しても早期にサポートする体制を整えております。そのため、ご導入後も安心して継続的にお使い頂けます。

2)は、フィルム運用時代から整形外科・放射線科が頭を悩ませていた拡大率補正を、容易なステップで実現することが可能です。より精度の高いプランニングを実現します。

3)直観的に操作でき、様々な複雑な計測に対応しています。また、先生方がよく使用する計測を『カスタム計測』として登録することにより、ポイントクリックだけで計測が可能となります。先生方の手順で『カスタム計測』を追加することができます。

・その製品を導入されたお客様からはどんな反応がございますか。
「フィルムのときよりやり易い」「プランニングに費やす時間が短くなった」など、フィルムでのプランニングを比較したご意見を頂戴することが多く、総合的に高いご評価を頂いております。

・その製品はどのような場所での活躍が期待できますか。
今後院内フィルムレスを検討している、フィルムレス化したが整形部門ではフィルムを出し続けているなど、多くのご施設における院内完全フィルムレス化のソリューションとなり得ます。また、OrthoPlanner ProはPACSや電子カルテとの親和性が高いため、整形外科領域の特殊なソフトウェアながら病院システムと連携したシームレスな運用が期待できます。

●ご担当者様自身についてのご質問

・今、日々の生活の中で疑問に思っていることはございますか。
とても欲しかったホームベーカリーを最近プレゼントとして頂きました!!
そのため、パンに入れる食材・おかずを思案中です。

・おすすめのリラックス方法は何ですか。
ひたすら寝ます。
たまに公園を散歩して、犬ウォッチングを行い、癒されます。

・おすすめの旅行先をお教えください。
九州!! 特に長崎です!! 出身地なので★

・今後の目標をお教えください。
来年、人生初スキーに挑戦することです!!

(株)東陽テクニカ
画像システム部
青木実花咲
http://www.toyo.co.jp/

会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る