Lung Nodule Auto Search:肺結節の自動検出機能(AZE社製ソフトウェア)

従来の肺解析ソフトウェアの新たな機能として、肺野の結節を自動検出する機能がRSNA2011で初公開となった(W.I.P)。

肺解析「Auto Search」タブからワンクリックで、孤立性結節性陰影(SPN)とすりガラス様陰影(GGO)を自動で検出し始める。

 
 
 
自動検出が終わると、結節がマークされて表示される。本機能は同社の独自開発によるもので、今後さらなる改良と共に臨床評価を目指している。
会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る