血管解析:動脈瘤の解析機能(AZE社製ソフトウェア)

動脈瘤の治療方法として、これまでは外科的な人工血管置換術が主流であったが、近年、ステントグラフト留置術の普及が進んでいる。
本アプリケーションは、動脈瘤径のフルオート計測が可能で、ステントグラフト留置術にともなう術前計画や術後のフォローアップのための機能をそろえている。4次元画像(動画)としての解析も可能で、動脈瘤破裂のリスクを観察する事ができる。
現在、国内の施設において評価中で、2012年春頃リリース予定。
会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る