HI VISIONシリーズ、ProSoundシリーズ(日立メディコ社製超音波)

2011.11.29

日立アロカメディカルとして初めて出展するRSNA2011。超音波診断装置コーナーは3つの領域に分けて、製品を展示していた。

MSK & Superficial Imagingゾーン(整形、表在領域)ではHI VISION Preirus、HI VISION Avius、ProSound F75を展示。リアルタイムに画像診断できる超音波診断装置は近年整形領域でも活用が進んでおり、硬さを可視化するReal-time Tissue Elastography(以下:エラスト)は、腱を診る際などに活用されているという。

Radiology & Interventional RadiologyゾーンではHI VISION Ascendus、HI VISION Preirus、ProSound F75、ProSound α6を展示。有用なアプリケーションとして肝エラストやReal-time Virtual Sonography(以下:RVS)が紹介された。
CTやMRI画像と超音波の画像を合わせて位置を確認できるRVSは、RFAの穿刺の際などに活用されている。

Women’s HealthcareゾーンにはHI VISION Preirus、HI VISION Avius、ProSound F75、ProSound α7の4機種。アプリケーションとしてはBreast Imagingにおいて、エラスト画像をリアルタイムで見ることができる4Dエラストが紹介されていた。また、CMUTプローブのMappieによって、従来よりも細部まで描出が可能になっていることが紹介されていた。

このページの先頭へ戻る