【RSNA2011スペシャルレポート!】RSNA始まりました:堀越浩幸先生(群馬県立がんセンター)より

堀越浩幸先生(群馬県立がんセンター・放射線診断部)より現地速報をいただきました!

2011.11.30

RSNA始まりました
群馬県立がんセンター・放射線診断部
堀越 浩幸

今年のRSNAは雨でスタートです。思ったより寒くなく一安心です。でも予報では火曜日は雪みたいです。さて、RSNA2011は例年通りバッグと抄録集、その他広告を受け取り各会場に移動するのですが、バッグは昨年より強度に欠ける感じがします。抄録集は伝統の電話帳復活かと思わせながら、中を開くと昨年同様演題名のみで、抄録の内容はネットで見なさいとのことでした。ご丁寧に今年からQRコードが各セッションに付いていて、自分で項目を探さずに抄録に飛べるようになったので便利なのですが、前もってQRコードをスキャンしておかないと電話帳みたいな抄録集を持ち運ぶことになり、昨年の小さい抄録集の方がまだよかったなと思った次第です。ネット環境は昨年より優れており快適です。大きなノートPCを持ち歩くのは大変なのでiPad、 iPod touch、 iPhone、 Android端末は必須と思われます。 私は大容量バッテリを積んだVAIO-XとiPod touchを持ち歩きながら会場の行き来をしております。時差ボケと戦いながら、最初にE posterを一気に見ています。ここ数年、コースが造設されており、ミニレクチャーと一般演題の混在したmultisession course(MS)が増えています。このMS、前もってコースチケットを取得しておく必要があり、気軽に一般演題が聴けなくなっています。E posterの方がゆっくり見ることができるのと、自分用のお気に入りを作ることができるので、ここ数年はE poster中心に動いています。
次回は機器展示と発表について報告いたします。

写真1 今年配布された抄録集とQRコードの付いた中身
写真2 RSNAから配布されているRSNA mobileソフト(左)とQRコードから取り込んだサイト画像(右)
このページの先頭へ戻る