キヤノン社、「画論29th The Best Image」応募受付を開始

2021.05.18

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社︓栃木県大田原市 社長︓瀧口登志夫)は、「画論29th The Best Image」の応募受付を本日5月18日(火)11時から開始した。(https://www.thebestimage.jp/)応募部門はCT・MRI・超音波の三部門で、10月の一次審査を経て12月19日に最終審査が行われ、結果が発表される。

「画論 The Best Image」は、診断・治療に必要な画像のクオリティはもちろん、被検者へのメリット、撮影・処理技術の工夫など、臨床的価値(クリニカルバリュー)を総合的に判断することにより「最良のイメージ」を選定するという、それまでに類をみない取り組みとして、1993年に第1回が実施された。
発表された新たな撮影方法は、その後海外でも高く評価され、また多くの施設でも取り入れられるなど、画像診断のスタンダードを築いてきた。

応募概要

応募資格
医療機関で当社装置をお使いの方のみ、
応募可能応募期間
2021年5月18日(火)11:00~2021年7月 8日(木)17:00
7月 1日(木)17:00までにエントリー必須。
今後の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況により、やむを得ず日程・開催方法・企画内容などを変更する可能性あり。

応募方法
WEB応募システムからエントリー/応募(https://www.thebestimage.jp/)
応募条件・要項 (詳細はWEB応募システムに記載)
・当社装置で撮影された臨床画像
・1名様につきCT/MR/超音波部門各1症例まで

審査スケジュール
・2021年10月頃︓一次審査を実施し、上位入賞施設を発表
・2021年12月19日(日)︓最終審査を実施後、発表式を開催(詳細は後日応募施設にご案内)

本記事へのお問合せは下記へ
キヤノンメディカルシステムズ株式会社 広報室
江野・古田 0287-26-5100

 

このページの先頭へ戻る