富士フイルムメディカル、LED光源搭載内視鏡システム「ELUXEO」に2種類のスコープを新ラインアップ

2021.02.24

富士フイルムメディカル㈱は、4色のLED光源搭載の内視鏡システム「ELUXEO(エルクセオ)」用の下部消化管用スコープの新ラインアップとして、拡大スコープ「EC-760Z-V/M」を2021年2月22日、極細径スコープ「EC-760XP/L」を2021年3月22日、それぞれ発売する。

 

「ELUXEO」は、4色のLED照明の発光強度を高精度に制御して、白色光と短波長狭帯域光を生成することができる。さらに、照射した光と画像処理を組み合わせる「マルチライトテクノロジー」により、粘膜表層の微細な血管や粘膜の微細な構造などを強調して表示する機能「BLI」や、画像の赤色領域のわずかな色の違いを強調して表示する機能「LCI」など目的に応じた観察画像を作り出すことができ、微小な病変の観察をサポートする。

 

今回発売する2種類の下部消化管用スコープは、いずれも挿入部に高い弾発性を持つ素材を採用。

医師が操作する際に手元の力が先端部まで伝わりやすい設計とした「高追従挿入部」と、軟性部先端が柔らかく曲がり、曲がった後はまっすぐに戻りやすい設計の「カーブトラッキング」との組み合わせにより、特に屈曲部が多い大腸へのよりスムーズな挿入をサポートする。

 

 

【お問い合わせ】

富士フイルムメディカル㈱ マーケティング部

TEL:03-6419-8033

 

 

このページの先頭へ戻る