富士フイルムメディカル、FUJIFILM SonoSite Inc.(フジフイルム ソノサイト)の日本法人を100%子会社化 日本市場向けの超音波画像診断装置販売体制を一本化

2015.06.15

 富士フイルムメディカル(株)(以下FMS)は、米国FUJIFILM SonoSite Inc.(本社:米国ワシントン州Bothell、以下FFSS)の子会社である日本法人 株式会社富士フイルムソノサイト・ジャパン(社長:佐藤 英明、以下FFSSJ)を、7月1日に100%子会社化する。
 平成24年に、富士フイルムはSonoSite Inc.(現FFSS)を買収し、超音波画像診断分野での市場拡大を目指してきた。 平成26年には、両社の技術を結集して共同開発した次世代携帯型超音波画像診断装置「FUJIFILM FC1(フジフイルム エフシーワン)」を発売し、鮮明、高解像度の画質と堅牢性に好評を集めている。 今回、FFSSJをFMSの子会社とすることで、日本市場向けの販売体制をFMSに一本化して販売の効率アップを図り、また、両社のシナジーを創出することで超音波画像診断装置の売上拡大を目指す。
 富士フイルムは今後も、独自技術を生かした幅広い製品・サービスの提供を通じて、医療現場の様々なニーズに応え、さらなる診断の効率化と医療の質向上に貢献するという。

●お問い合わせ
富士フイルムメディカル(株)
販売統括本部 マーケティング部
TEL:03-6419-8033
URL:http://fms.fujifilm.co.jp/

このページの先頭へ戻る