日本ベクトン・ディッキンソン株式会社 微生物同定検査の前処理を自動化「BDキエストラ™ IdentifA」発売開始

2020.11.20

 日本BDは、細菌検査の工程を自動化するBDキエストラ™ソリューションの新たな製品ラインとなる、細菌同定検査の前処理装置「BD キエストラ™ IdentifAアイデンティファ」を2020年11月19日に発売した。「BDキエストラ™ IdentifA」は 同定検査を行う「BD™Bruker MALDIバイオタイパー™」に接続することで、同定検査の前処理工程から薬剤感受性試験に活用可能な菌液調製までを全自動で行うことが可能となる。

BD_identifa_series_ss


 感染症への意識が世界的に高まっていることに伴う検査数の増加や、薬剤耐性(AMR対策、医療に従事する労働人口の減少、働き方 改革といった社会の変化により、医療現場の検査体制は効率化と迅速性、安定性が求められている。また、微生物検査は感染性 疑いの検体を取り扱う業務ではあるものの、多くの作業工程が人の手によって行われているため、医療従事者が安全に作業できる 環境の確保や検査技師の熟練度による品質の差も課題とされている 。
 「BDキエストラ™ IdentifA 」を含むBDキエストラ™ソリューションは、ワークフロ ーの自動化を通して、「医療従事者の安全」 や「業務の標準化」、「業務効率の向上」を実現し、より安定した検査体制の構築および迅速な検査に貢献する。
 「BDキエストラ™ IdentifA」は、システムと連携して臨床検査技師が選択したコロニーの座標情報を読み取り、装置内のピペットで適切に釣菌し菌液調製を行う。ロボットアームがその菌液をターゲットプレートに均等に塗布し、必要な試薬を加えるといった微生物の同定検査の一連の前処理工程を全自動で行う装置である。BDキエストラ™ ソリューションには、培地への検体の塗布を自動化する「BDキエストラ™ イノキュラ+™」や、培養過程を定期的に撮影し、培養状態を判定できる撮影機能付きふらん器「BDキエストラ™ リーダコンパクト」があり、これらを連結することで、微生物検査ワークフローの自動化とデジタル化を実現する。

BD キエストラ™ IdentifAによる釣菌ステップ
1. システムと連携し、寒天培地から釣菌予定の座標情報を取得。
2. ロボットアームがピペットで釣菌。コロニー表面を検出する技術により培地の巻き込みを防ぎ、ムコイド株の場合、粘糸も自動でカット。
3. 菌液を自動調製。
4. ロボットアームがターゲットプレートへ検体および各種試薬を塗布。
5. 処理完了後、BD Bruker MALDIバイオタイパーと連携し、同定検査を実施。

関連製品:「BDキエストラ™ リーダコンパクト」
販売名:BDキエストラリーダコンパクト
製造販売届出番号 : 07B1X00003000154「BD キエストラ™ イノキュラ+™」
販売名: BD キエストラ イノキュラ+
「BD™ Bruker MALDI バイオタイパー™ 」
販売名: BD Bruker MALDIバイオタイパー
製造販売届出番号 : 07B1X00003000150

お問い合わせ
日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
〒107-0052 東京都港区赤坂 4-15-1 赤坂ガーデンシティ
www.bd.com/jp/

このページの先頭へ戻る