シーメンス・ジャパン、東北地方太平洋沖地震被災者への支援について

2011.03.18

○2011日3月11日 ミュンヘン
シーメンスは、日本で発生した東北地方太平洋沖地震の被災者支援に役立てるため、全世界のシーメンスで募金活動を行うことを決定した。世界各国の社員に義 援金を募り、シーメンスは会社として、それにマッチングを実施する(マッチングとは、社員が寄付をしたときに、企業がそれと同額を上乗せして寄付を行うこ と)。
この際の最低額は100万ユーロ(約1億1,200万円。1ユーロ112円換算)。
さらに、シーメンスは、超音波装置、診断などの医療機器や産業用機器など、200万ユーロ(約2億2,400万円)相当の緊急支援物資を提供する。

シーメンスAGの社長兼CEOのペーター・レッシャーは、次のように述べている。
「日本での震災の大きさを知り、深く悲しみを覚えます。この募金活動は、全世界のシーメンス社員が、被害に遭われた人々はもちろん、日本の人たちに思いを寄せているという強い結束の象徴です。」

原文プレスリリースは以下のURLより参照することが可能(英文)。
http://www.siemens.com/press/en/pressrelease/index.php

 

●お問い合わせ
シーメンス・ジャパン(株)
コミュニケーション部 広報担当 中川
TEL:03-5423-8680
E-mail:rie.nakagawa@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/answers/jp/ja/

 

このページの先頭へ戻る