シーメンス・ジャパン、持田シーメンスメディカルシステムの全株式を取得し、同社を統合

2013.04.12

 シーメンス・ジャパン(株)(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:織畠 潤一)と持田製薬(株)(本社:東京都新宿区、社長:持田 直幸)は、2013年4月1日、両社の合弁会社である持田シーメンスメディカルシステム(株)(東京都品川区、代表取締役社長:菊池 秀一)の株式譲渡について合意した。

 シーメンス・ジャパンは、持田シーメンスメディカルシステムの持田製薬持分(10%)の株式を取得し、持田シーメンスメディカルシステムをシーメンス・ジャパンの100%子会社とすることを、持田製薬と合意した。さらに、持田シーメンスメディカルシステムは、2013年夏をめどにシーメンス・ジャパンに統合される予定だ。本統合により、シーメンス・ジャパンによるサービス提供の一元化を推し進める。

 持田シーメンスメディカルシステムは超音波診断のパイオニアとして、特に産婦人科領域を中心に高い市場シェアを誇り、近年ではシーメンスのイノベーションを応用した最新機種を数多く投入することで、循環器・腹部領域においても順調にシェアを拡大してきた。この度の統合により、CTやMR、血管撮影装置から超音波診断装置に至るまで、すべての画像診断機器事業がシーメンス・ジャパンに統合され、販売からアフターケアに至るまで一元化されたサービスの提供が可能となる。

●お問い合わせ
シーメンス・ジャパン(株)
コミュニケーション部
Tel: 03-3493-5022
URL:http://www.siemens.com/answers/jp/ja/

このページの先頭へ戻る