シーメンス・ジャパン、本社と一部国内グループ会社の本社組織拠点を移転

2012.07.04
 シーメンス・ジャパン(株)(本社:東京都品川区、代表取締役社長兼CEO:織畠潤一)ならびに、一部国内グループ会社の本社は、2012年8月に東京都品川区東五反田から東京都品川区大崎のゲートシティ大崎に移転する。
 新本社では、シーメンス独自のオフィス・コンセプトを採用し、コミュニケーションの活性化、業務効率の向上、および部門・組織を超えた連携強化を通じ、グループシナジーをさらに加速していくという。
 グローバルで導入が進められているこのオフィス・コンセプトとは、「オフィス内外での柔軟な勤務スタイル」、「業務内容に合わせた柔軟な座席レイアウト」、「開放的なオフィス環境」、そして「ワークライフ・バランスの実現」などを中心に、クオリティの高い業務を継続的に遂行できる環境を築き、最適な企業文化を形成することを目指す。

●移転の概要
移転時期:2012年8月
移転先:東京都品川区大崎1-11-1
     ゲートシティ大崎 ウェストタワー 5階および6階
移転予定会社:
・シーメンス・ジャパン(株)
・シーメンスヘルスケア・ダイアグノスティクス(株)
 (本社ならびに新川オフィス。ゲートシティ1階にはショールームを常設)
・持田シーメンスメディカルシステム(株)他
詳細URL:www.siemens.co.jp/relocation

●お問い合わせ
シーメンス・ジャパン(株)
コミュニケーション部
広報担当 中川
TEL: 03-5423-8680
URL:www.siemens.co.jp

このページの先頭へ戻る