エレクタ、一般社団法人藤元メディカルシステム 藤元総合病院において、西日本初の 「IconTM(アイコン)」による頭部定位放射線治療開始

2017.02.09

 東京-2017年2月9日- 一般社団法人藤元メディカルシステム 藤元総合病院(宮崎県都城市)は、新たに導入したレクセル ガンマナイフの最新機種「IconTM(アイコン)」1 による頭部定位放射線治療を2016年12月5日に開始した。西日本では初めてとなるアイコンによる治療は大小2個の脳腫瘍を持つ85歳の男性患者に対して行われた。
 エレクタ社のガンマナイフ最新機種であるアイコンでは、従来のレクセルフレームによる固定に加え、非侵襲のマスクシステムによって頭部を固定した治療が可能になり、これからは分割照射による治療を容易に行うことができるようになる。
 西日本では31の医療機関でガンマナイフ治療が広く行われているが、藤元総合病院は他に先駆けてアイコンを導入し、今後より多くの症例にガンマナイフ治療を行うことができると大きな期待を寄せている。
 「当院は1996年以降、述べ5,700例のガンマナイフ治療実績があります」と副院長(脳神経外科)八代(やつしろ)一孝先生は言う。「アイコン導入によって、マスクシステムによる固定が可能になり、今後は分割照射を容易に行うことができます。つまり、リニアックベースの定位放射線治療機器と同様の治療が可能になり、ガンマナイフ治療の幅を広げる上で、大変意義のあることと考えます。また、マスクシステムを使えば、1-3個の腫瘍は容易に治療ができるため、患者さんは日帰りで治療を受けることも可能です。不快感もなく、額に傷が残ることもないため、患者さんには大変大きなメリットだと考えます」。
 治療開始以降、藤元総合病院では、19人の患者さんに対し、マスクシステムによる固定での照射が行われた。また、この他にも35人の患者さんが、従来のレクセルフレームによって頭部固定を行い、治療を受けている。しかし、アイコンが真の多様性を発揮するのは、マスクシステム固定による分割照射を行う場合。

 「アイコンによる分割照射によって、大きな腫瘍もガンマナイフによって治療ができるようになります。当院にはサイバーナイフも導入されていますが、頭蓋内に深く入りこんだ腫瘍の治療は、神経膠腫や腫瘍摘出腔への照射など一部を除き、今後ほとんどアイコンで行われることになるでしょう。将来的にはサイバーナイフは頭蓋外の疾患を中心に使用されるようになると考えています」と八代先生は述べている。
 さらに「当院の医療スタッフはサイバーナイフ治療の経験を通じて、マスクシステムを用いた治療には慣れています」と八代先生は言う。「すぐそこにフレームを装着した患者さんが待っている状態と比較すると、事前に患者さんのマスクを作成し、MRIを撮影できるため、我々は時間的なゆとりをもって、じっくりと治療計画をたてることができます」とアイコン導入がもたらした治療ワークフロー上のメリットについても指摘する。
 藤元総合病院は宮崎県で地域医療の中心を担う中核病院として、最新の医療機器であるアイコンの導入によって、地方でも高度な医療を受けられるチャンスを提供し、今まで以上に地域の医療ニーズに対応していく。

参考資料
IconTM(アイコン)外観

1販売名: レクセル ガンマナイフ パーフェクション医療機器製造販売承認番号22000BZX00768000

●お問い合わせ
エレクタ株式会社ニューロサイエンス事業本部
TEL:03-6722-3808
URL:http://www.elekta.co.jp/

このページの先頭へ戻る