アドバンスト・メディア、テクマトリックスと 医療クラウドサービスでパートナーシップを締結

2016.04.11

医療クラウドサービス「NOBORI-PAL」に「AmiVoice® CLx」がラインナップ

 (株)アドバンスト・メディア(以下、アドバンスト・メディア)は、クラウド型医療向け音声入力サービス「AmiVoice CLx」のクラウドパートナーとして、テクマトリックス(株)(以下 テクマトリックス)とパートナーシップを締結した。テクマトリックスの新しい医療クラウドサービス「NOBORI-PAL」のラインナップに、医療向け音声入力サービス「AmiVoice CLx」が加わる。

 テクマトリックス(株)の「NOBORI-PAL」は、自社開発にとどまらず、“クラウド上に便利を集め、医療機関を支援したい”という願いを共有する仲間(PAL)と多様なサービスをクラウド環境で提供することを目的に開発したプラットフォーム。2012年に発売された「NOBORI」は、高い安全性と低価格を実現したクラウドPACSとしての評価を得て、全国の医療機関約450施設(2016年3月末時点)で利用されている。ユーザー数の増加や長期間ご利用のユーザーが増加したことにより、従来のPACS機能だけにとどまらず、「他院との医療連携を進めたい」「専門性の高い画像解析」「緊急時に院外で画像を参照したい」などのサービスへの要請も高まっており、クラウドPACS「NOBORI」のユーザーに向けた、新たな医療クラウドサービスとして「NOBORI-PAL」の提供を開始する。

 今回、「NOBORI-PAL」のパートナーとして、アドバンスト・メディアの医療向け音声入力サービス「AmiVoice CLx」がラインナップに加わることとなった。クラウド型サービスのメリットを活かし、初期投資が不要な月額利用料で、画像診断における読影レポート作成などの音声入力サービスをリーズナブルに使用できる。また、NOBORI-PALのセキュアなインフラを活用することでVPN契約などのランニングコストも不要なクラウドサービスを実現し、規模を問わず多くのユーザーに利用を検討してもらうことが可能になった。2016年6月のリリースを予定。

【AmiVoice CLx概要】
 音声認識を活用し、安全にいつでもどこでもマイクに話すだけでスピーディーに医療記録を簡単に作成できる音声入力サービス。放射線部門の読影レポート作成には、放射線部門専用の辞書が使用でき、レポート作成業務の効率性を大幅に向上する。レポート入力時のストレス、時間、コスト等の様々な課題を低コストで安全なクラウドサービスで解決する。

●お問い合わせ
(株) アドバンスト・メディア
URL:http://www.advanced-media.co.jp/

このページの先頭へ戻る