富士フイルムメディカル、「AMULET Innovality」用ソフトウェア「トモシンセシス バイオプシー ソフト」を発売

2015.04.14

富士フイルムメディカル㈱は、乳がん検査用デジタルX線診断装置「AMULET Innovality」で、トモシンセシス画像を使って生体組織診断(以下、バイオプシー)のためのターゲティングを行うことができる専用オプションソフト「トモシンセシスバイオプシーソフト」を2015年6月15日より発売する。 なお、同社は、「2015国際医用画像総合展(ITEM2015)」に本製品を出展する。
 
乳がん検査では、病変部の組織を採取して診断するバイオプシーを行うことがある。 この際、従来のステレオ撮影画像を用いたターゲティングでは、乳房を異なる角度(±15度)から撮影した2枚の画像上で、同じ所見をそれぞれ正確に指定して三次元座標を算出し、位置を特定していた。 しかし、このターゲティング方法では、撮影角度の違いにより2枚の画像上で所見の見え方がそれぞれ異なる場合や、石灰化が局所的に集まって画像上に表示される場合など、バイオプシーの対象となる位置を正確に指定することが難しく、検査に長時間を要することがあった。
 
今回発売する「トモシンセシスバイオプシーソフト」では、トモシンセシス画像上の所見を1箇所指定すれば、三次元座標が算出され、位置が特定されます。 ステレオ撮影画像を用いたターゲティングと比較して、より簡単にバイオプシーのターゲティングができることで、検査時間の短縮が期待できる。 これにより、患者がX線診断装置の圧迫板に乳房を挟まれた状態で待機する時間も短くなるため、患者の身体的負担軽減に寄与する。
また、複数枚の乳房の断層画像を生成するトモシンセシス撮影は、乳腺と腫瘤の重なりなど通常のマンモグラフィ撮影では見つけにくかった病変の観察に適している。 トモシンセシス画像を使ってターゲティングができる本ソフトウェアを搭載することで、トモシンセシス画像にしか表示されていない病変部であっても、ターゲティングを行うことができる。
 
富士フイルムは、2008年12月にデジタルマンモグラフィ診断装置「AMULET」シリーズを発売。 以降、撮影した診断画像から微小石灰化や腫瘤など、乳がんに特徴的な領域を高い確率で検出する「デジタルマンモグラフィCAD」など、様々なデジタルマンモグラフィ製品も展開している。
 
■乳がん検査用デジタルX線診断装置「AMULET Innovality」について
AMULET Innovality は、独自開発の直接変換型FPDを搭載することで、低線量で高画質画像の撮影を実現し、また、複数の断層像で乳房内部の構造を観察できるトモシンセシス機能(別売オプション)にも対応した、乳がん検査用デジタルX線撮影装置。
販売名 : デジタル式乳房用X線診断装置FDR MS-3500
認証番号 : 224ABBZX00182000
 
articlenr150413_img_01
AMULET Innovality
 
■発売日
2015年6月15日
■品名
「トモシンセシスバイオプシーソフト」
(販売名:デジタル式乳房用X線診断装置 FDR MS-3500/認証番号:224ABBZX00182000 のオプション)
■標準ユーザー渡し価格(税別)
3,000,000円(ソフトウェア、オプションキーソフト)
■主な特長
(1)簡単な操作で病変のターゲティングが可能
トモシンセシス撮影で得られた画像上でのターゲティングは、病変部分を1箇所指定すれば、三次元座標が算出できる。 2箇所を指定、従来のステレオ撮影画像でのターゲティングと比べて、操作が簡単。
(2)通常のマンモグラフィ撮影では見つけにくかった病変についてもバイオプシーが可能。
複数の断層画像を生成できるトモシンセシス撮影では、乳腺と腫瘤が重なっているなど通常のマンモグラフィ撮影では見つけにくかった病変の観察を行うことができる。 本ソフトウェアを搭載すれば、病変が局所的に集まっている場合であっても、円滑なバイオプシーが可能。
 
articlenr150413_img_02
▲ステレオ画像によるバイオプシーと、トモシンセシス画像によるバイオプシーの比較

■お問い合わせ
富士フイルムメディカル株式会社
販売統括本部 マーケティング部
TEL: 03-6419-8033
URL: http://fms.fujifilm.co.jp/

このページの先頭へ戻る