フィリップス、高画質と低被ばくを両立する新型CT装置 「Ingenuity CT」(インジェニュイティー・シーティー)の販売を開始

2011.04.07

(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は4月より、新型CT装置「Ingenuity CT」の販売を開始した。
この「Ingenuity CT」は、アーチファクトを抑制する機能に優れ、さまざまなCT検査において質の高い画像を提供することを可能にする、新しくデザインされた128スライスCT装置である。第4世代の逐次近似法として開発されたiDose4(アイドーズ・フォー)と呼ばれる機能とのインテグレーションにより、高画質と被ばく低減の両立を実現し、演算処理スピードにおいても「RapidView IR」(ラピッドビュー・アイアール)と呼ばれる新しいリコンストラクターを搭載することで、大幅なスピードアップを可能とする。操作コンソールは直感的に操作可能なユーザーインターフェースを有しており、患者スループットの向上やスムーズな検査を支援する。さらに新しいX線管球「MRC iCE」(エムアールシー・アイス)が搭載されることにより、ウォームアップの時間が不要となり、装置の信頼性も更に向上しする。これらにより、広い臨床領域で診断能と検査効率の向上が期待される。
「Ingenuity CT」の国内初年度の販売台数は約20台を見込んでいる。
(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン代表取締役社長ダニー・リスバーグは、「フィリップスは、高画質と低被ばくを両立する「Ingenuity CT」を加え、お客様の求める幅広いニーズに応えられるラインアップを展開し、お客様の更なる満足度向上に努めていく」と述べている。

 

「Ingenuity CT」のメリット
・アーチファクトを抑制した高画質の取得
・ノイズの少ない高分解能画像の取得
・画質を落とさず最大80%*の被ばくを低減
・最速16枚/秒を実現する画像演算処理速度によるスループット向上
・直感的な操作を可能とするユーザーインターフェースによる検査効率向上
・ウォームアップ時間を必要としない新しいX 線管球によるスムーズな検査
*自社調べ。当社従来製品との比較

●お問い合わせ
(株)フィリップスエレクトロニクスジャパン
広報部
TEL 03-3740-4561

このページの先頭へ戻る