GEヘルスケア、モジュール式のバイオ医薬品製造工場「KUBio」を発表

2012.09.10
KUBioのイメージ図
 GEヘルスケア(本社:英チャルフォント セントジャイルズ、プレジデント兼CEO:ジョン・ディニーン)は、バイオ医薬品を製造するためのモジュール式のバイオプロセス工場「KUBio(キュビオ)」を開発し、今後製薬企業を中心に同工場を提供すると発表した。
 KUBioは同社がこれまで培ってきた世界レベルの技術を結集し、バイオ医薬品の一貫生産を可能にさせたモジュール式のバイオプロセス工場。医薬品の製造管理および品質管理規則であるcGMPの要件を満たす一方、バイオ医薬品を製造する際の柔軟性と生産性を最適化した設計が施されている。敷地面積は1,200m2で、バイオプロセスに必要な設備・機能に加えて、同社のシングルユーステクノロジー「Ready-to-Process(レディ・トゥ・プロセス)」を基盤にした製造ラインが装備されており、完成後ただちに稼働させることができる。
 KUBioは各モジュールを顧客が希望する敷地に運んで組み立てる仕組みのため、より効率的に即稼働可能なバイオプロセス工場を建設できる。KUBioの計画からモジュールの納入、建設までの総工期は14~18カ月と、通常の工場建設に比べて最大7割以上短くて済むため、バイオ医薬品企業は製品の上市までの期間と設備投資額をいずれも大幅に短縮・削減できる。

●お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)コミュニケーション本部
TEL:0120-202-021
URL:http://japan.gehealthcare.com

このページの先頭へ戻る