日本メドラッド、造影検査情報管理システムCertegra発売

2012.07.02
 バイエル ヘルスケア/メディカルケア ラジオロジー&インターベンショナルの日本メドラッド(株)(本社:大阪市北区、代表取締役社長:マイケル・ボブロブ)は、2012 年6月28日(木)、CT造影検査情報管理システムCertegra Informatics Platformを国内にて提供開始した。Certegraは、Manage.ReportソフトウェアとConnect.PACSソフトウェアから構成され、ステラントCT インジェクターで実施された造影検査情報を記録、保存管理、Web 配信及びPACS へ転送できる機能を有し、検査造影ワークフロー及び読影能の向上を可能とした製品である。

●主な特長
・今までと同じインジェクター操作で、造影検査実施情報を自動で記録、保存管理及びPACSへ転送を行うことができる。
・造影検査実施情報は最長10年保存できる。
・院内端末からWebブラウザーによる造影検査実施情報の閲覧が行える。
・リモート回線を使用したメンテナンスにより、ダウンタイムの低減を実現できる。
・予算に応じてアプリケーションのアップグレードを行うことができる。

システム概要図

●お問合せ先
バイエル ヘルスケア/メディカルケア ラジオロジー&インターベンショナル
日本メドラッド(株)
カスタマーサポートセンター
TEL:06-6133-6250(代表)
URL:http://www.medrad.co.jp

このページの先頭へ戻る