日本メドラッド、大腸CT検査用炭酸ガス注入装置「RadiCO₂lon™」を新発売

2013.03.21

バイエル ヘルスケア社 ラジオロジー&インターベンショナル事業のグループ企業である日本メドラッド(株)(本社:大阪市北区、社長:エックハルト・プハート)は、大腸CT検査(CTコロノグラフィ検査)用の炭酸ガス注入装置「RadiCO₂lon™(ラディコロン™)」と専用のアドミニストレーションセット「CT用直腸カテーテル」の日本における製造販売承認を取得し、3月18日より販売を開始する。

  RadiCO₂lon™は、日本人に最適な腸管の拡張を目指して日本の医療機関(国立がん研究センター中央病院)との共同研究により開発された炭酸ガス自動注入装置である。同製品は、腸管の拡張で従来使用されていた空気より約130倍腸で吸収されやすい炭酸ガスを使用しており、患者さんの検査に伴う身体的苦痛が軽減される。
製品を担当するブランドマネージャーの鳥羽 輝久は、次のように述べている。「日本人向けに開発を行い、広範囲に圧力設定が可能で様々な患者さんに対応できるRadiCO₂lon™を日本で販売することにより、大腸がんの早期発見に少しでも貢献できることを嬉しく思っております。」
 
 また、同製品を使用したCTコロノグラフィ(CTC:Computed tomography colonography)検査が広く普及することにより、患者の大腸検査に伴う苦痛を軽減し、さらには大腸がん検診受診率の向上と大腸がんの早期発見に貢献することが期待されている。
 CTCの日本での第一人者のおひとりである国立がん研究センター中央病院放射線診断科医長の飯沼 元先生は次のように述べている。「大腸がんは、CTCにより効率的に早期発見することで確実に予後の改善が期待されています。また、CTC検査は、安全かつ簡便に実施可能な検査方法であり、検査時間が短く処理能力にも優れています。前処置の負担が大きい大腸内視鏡検査と比較して、CTCにおけるデジタル前処置法により前処置が簡便化された場合、大腸の検査体系を大きく変革する可能性が高いと考えられています。CTCは便潜血反応と大腸内視鏡の間に位置づけられる検査法として、大腸スクリーニングにおける現状の問題点を解決する可能性があります。」

【製品概要】
<RadiCO₂lon™(ラディコロン™)>
販売名: 炭酸ガス注入装置 GEN2
医療機器認証番号: 224AABZX00184000
注入速度:設定可能範囲 1.0 – 3.0 L/分(1L毎の設定が可能)
注入圧力:設定可能範囲 5 – 30 mmHg (1 mmHg 毎の設定が可能)
最大注入量:12L
コントロールパネル:液晶ディスプレイ、タッチパネル操作
安全機構:電気式バルブと機械式バルブによるガス排出
本体寸法:幅235mm × 奥行180mm× 高さ160mm
記録媒体:SD カード (最大容量2GB)
重量:約2.0kg
定格電源:100 – 240 VAC (50/60 Hz)

<アドミニストレーションセット>
RadiCO₂lon™の使用には専用のアドミニストレーションセットが必要です。
販売名: CT 用直腸カテーテル
医療機器認証番号: 223AABZX00070000
内容: 直腸チューブ、接続チューブ、コネクタおよび疎水性フィルタ(単回使用セット)
包装: 24 セット入/箱 (RadiCO₂lon™とは別売)

炭酸ガス注入装置「RadiCO₂lon™」
アドミニストレーションセット「CT 用直腸カテーテル」

●お問合せ先
バイエル ヘルスケア/メディカルケア ラジオロジー&インターベンショナル
日本メドラッド(株)
カスタマーサポートセンター
TEL:06-6133-6250(代表)
URL:http://www.medrad.co.jp

このページの先頭へ戻る