ケアストリームヘルス、「ケアストリーム DRX-Transportable システム」の発売を5月に予定

2012.04.12
ケアストリーム DRX-Transportable システム
ケアストリームヘルス(株)(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田中愼二)は4月11日、カセッテタイプワイヤレスフラットパネル「DRX-1 システム」のラインナップに「ケアストリームDRX-Transportable システム」を追加した製品の発売を5月に予定していると発表した。

 DRX-Transportableは在宅・救急医療撮影や設置レイアウトが限られている健診車への搭載、また、移動型Ⅹ線回診車への対応が可能なシステム。世界で3000台以上が稼動している元祖カセッテタイプワイヤレスフラットパネル「DRX-1 システム」がさらに導入環境に順応し、撮影の効率化に大きく貢献する。
 本製品は「ITEM2012 国際医用画像総合展](4月13~15日)において、同社ブースで展示される予定。

「ケアストリーム DRX-Transportable システム」の概要は以下のとおり。

◆主な仕様
・ 検出方式:間接変換方式 平面検出器
・ 画素サイズ:139 μ
・ グレースケール:12bit 4096 階調
・ ピクセルマトリクス:2544 x 3056
・ 外形寸法/重量:35×43 半切サイズ(38.35×45.95×1.55cm)/約3.86kg
・ 画像転送方式:ワイヤレス転送.有線ケーブルも選択可能
・ 画像処理:KIP処理、マルチ階調処理、マルチ周波数処理、EVPPlus、GDS処理(グリッドライン抑制)、LEO処理(ノイズ抑制)、BSM処理(マスク)

◆主な特長
・元祖カセッテサイズでワイヤレスのフラットパネルディテクター。
・カセッテをDRX-1に交換するだけでDR化が実現でき、現在の撮影室を有効に活用可能。
・ワイヤレスなのでポジショニングが簡便で、検査効率も向上。
・バッテリーは本体に内蔵されており、1枚で約190画像の撮影が可能。バッテリーの交換も簡単。
・最新の画像処理技術を搭載し、施設に最適な画像が提供される。
・コンソールを小型化することにより様々な設置環境に対応。

◆薬事認証番号:224AGBZX00031000
◆発売日:2012年5月(予定)
◆標準価格:3,500万円

●お問い合わせ
ケアストリームヘルス(株)広報
TEL:03-5540-2260
URL:http://www.carestream.jp

このページの先頭へ戻る