ケアストリームヘルス、クリニック向けどこでもCR 「ケアストリーム Vita Flex CR システム」新発売

2015.02.02

ケアストリームヘルス(株)は、画像読取装置(CR:コンピューテッドラジオグラフィ)製品のラインアップとして、小型タイプの「ケアストリーム Vita Flex CRシステム」を2月2日より発売する。

この度発売する「ケアストリーム Vita Flex CRシステム」は、X線検査をとことん身近にするクリニック向け製品。カセッテ挿入口を水平方向と垂直方向の2方向に設置でき、0.104㎥(幅x奥x高:68x34x45cm)の体積と25kgの重量のため、限られた場所でも柔軟なレイアウトが可能になる。患者情報の登録や画像調整などの操作画面は誰でも使いやすいような直観的なデザインを採用している。

高画質への要望にも引き続き応え、他機種と同様の最新画像処理技術を搭載している。分割画像を自動認識するマルチセグメンテーション機能やグリッドラインを抑制するGDS機能、非照射エリアを自動で黒くするBSM機能など、豊富な画像処理機能で利用者が求める診断価値の高い画質を提供し、クリニックのデジタル化をサポートする。

ケアストリームヘルスのCR製品は世界各国で販売され、院内や訪問診療や災害地など様々な環境でより高い評価を得ている。ケアストリームヘルスは今後も様々な製品とサービスを通して、X線画像のデジタル化に貢献するという。

■製品名
Vita Flex CRシステム
薬事認証番号:226ADBZX00228000

■発売日
平成27年2月2日

■標準価格
775万円

■主な仕様
標準構成 画像読取装置
グレースケール 12bit 4096階調
外形寸法 CR本体68.0cm(W) x 34.0 cm(D)x45.0cm(H)
重量     25kg
プレートサイズ 半切(14x17in)大角(14x14in) 四つ切(10x12in) 六つ切(8x10in)
主な画像処理 周波数処理、マルチセグメンテーション機能、GDS処理(グリッドライン抑制)、BSM処理(マスク)
処理能力 47枚/時(大角標準読み取り)

■特長
・カセッテ挿入口が水平方向と垂直方向の2方向。
・撮影部位を選択してスキャンするだけのシンプル操作。
・最新画像処理アルゴリズムを搭載し、最適な画像を提供。

カセッテ挿入口は水平方向と垂直方向の2方向
最新画像処理で最適な画像を提供

●お問い合わせ
ケアストリーム(株)
マーケティング本部 広報 池上裕子
TEL:03-5646-2500
URL:http://www.carestream.jp/default.aspx

このページの先頭へ戻る