GEヘルスケア、超高解像画像システム「アプライド・プレシジョン社製デルタビジョンOMXブレイズ」を発売~生細胞の動画を三次元で超高解像撮影、分子レベルでの疾病メカニズム解明を促進~

2011.11.22
「デルタビジョンOMXブレイズ」
 GEヘルスケア傘下のアプライド・プレシジョン社は11月1日、研究用顕微鏡システム「デルタビジョンOMXブレイズ(DeltaVision OMX Blaze™)」を発売すると発表した。
 独自の超高速照明モジュールと最新の高性能高速カメラ技術を採用した本システムは、超高解像撮像をより高い水準へと高めることができる。その撮像速度により、研究者は同一の生細胞内の標識タンパク質を分子レベルの三次元解像度で経時的に追跡できるようになり、細胞内の特定の構造物の挙動、その相互作用機序、継続時間に関する課題を解決することができるという。
 この技術には、米カリフォルニア大学デービス校を拠点とするバイオフォトニクス科学技術センター(CBST)の研究者が、初期段階からベータ試験に協力。また、本システムは、早期導入を決定した世界中の現場にすでに設置されており、今後2ヶ月以内での本格稼働を目指す。
 本システムには、3D-SIM(構造化照明顕微鏡)と呼ばれる手法が採用されている。従来の顕微鏡と比較し、解像度が約2倍、volume resolutionは8倍に向上した。

■お問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)
コミュニケーション本部
Tel:0120-202-021
URL:http://japan.gehealthcare.com/cwcjapan/static/index.html

このページの先頭へ戻る