シーメンス・ジャパン、画像診断と治療分野における戦略と方向性について発表

category:取材速報
2015.02.05

 シーメンス・ジャパン(株)は2015年1月29日、本社(東京都品川区)にて、ヘルスケア事業における画像診断と治療分野についての戦略と方向性を発表した。プレゼンテーションは森 秀顕氏(同社常務執行役員、ヘルスケア イメージング&セラピー事業本部長)より行われ、このような取り組みは、同社がヘルスケアビジネス全体の状況や今後の研究開発・製品展開について情報発信を積極的に行っていくという姿勢の表れともいえる。

 同社のグローバルでの売上を事業別にみるとヘルスケア事業は全体の16%を占める。ヘルスケア事業においては2014年での新規受注は121億ユーロ、売上は117億ユーロにのぼり、長期にわたり安定的な業績を達成している。地域別の売上構成(2014年度売上、顧客の所在地)で見るとアジア・オセアニアは27%を占めている。ヘルスケア事業売上に対する研究開発(R&D)への投資率は10%程度(10億ユーロ)で、常にイノベーションリーダーを目指し、特許取得ランキングの上位に常に位置し、世界中の大学や研究機関とのパートナーシップも1000件以上にのぼる。

 森氏は今後のヘルスケア事業における方向性を「Therapy」「Access」「Value」の3つのキーワードで示した。同社はこれまで画像診断システムに注力してきたが、今後は診断で培った技術を治療に結びつけるソリューションを提供し、治療分野にシフトしていく。特にフォーカスしている領域はがん(腫瘍)、循環器領域、認知症。例えば認知症は、画像診断で早期発見できれば早期治療に繋げられるため、今後のニーズの高まりを予感しているという。
顧客層も放射線科だけでなく、外科や麻酔科など他の診療科、大病院からクリニックまでより多くの顧客層へ、治療に役立つ画像診断ソリューションを提供していく姿勢を示した。装置の更新タイミングの前から、オプション提供、バージョンアップを行い、装置を常にUp to Dateな状態に維持して医療の質を高めていく。そのために営業体制を改革、販売代理店とのパートナーシップも強化する構え。
 また、顧客の求める価値の変化に対応するため、コストパフォーマンスの高さを意識した「COF」コンセプトの製品を積極的に市場投入していく。COFは「Clinical Value」「Operational Value」「Financial Value」の頭文字。治療に役立つ臨床的価値の高さ、使いやすく作業効率を高める機能、そして価格・ランニングコストが低いこと、この3つを兼ね備えた製品群を強化し、幅広いマーケットニーズに対応していく。これらの戦略で、治療領域の売上を10年以内に50%超を目指していく。

さらなる成長のためのアプローチ
このページの先頭へ戻る