第49回日本医学放射線学会秋季臨床大会ブース速報 その8 メディコン編

category:取材速報
2013.10.15

 メディコンブースでは、皮下埋込型ポートである「Power Port」、ならびに同製品のガイドラインの展示が行われていた。
 Power PortではX線透視下においてCTマーカーが確認でき、ポート反転のトラブルをいち早く発見できる。診療放射線技師向けのガイドラインでは、患者の確認のためのカルテ用ステッカーやパルぺ―ションポイント(突起)の紹介、患者の確認をしっかりと行う必要がある旨などが記載。医師向けガイドラインでは、埋め込みの手順としてピールアウェイ・シースイントロデューサの使用方法などが記されていた。

Power Port
会員ログイン
webiner medicalex radiology bayer Satellite View Key Journal ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼
このページの先頭へ戻る