東芝メディカルシステムズ、「画論20th The Best Image 2012」を開催

category:取材速報
2012.12.21
綱川 智氏
 東芝メディカルシステムズ(株)は12月15~16日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)にて「画論20th The Best Image 2012」を開催した。CT・MR・超音波といった分野ごとに、東芝ユーザから応募された臨床画像を審査し表彰するという同会も、今年で20回目を迎え今回は2日間の開催となり総数618件の応募があった。
 1日目の午後には表彰式とCT部門、MR部門、超音波部門各部門の審査委員により代表者から総評が述べられ、最後に、綱川 智氏(同社代表取締役社長)が、「20回目の画論を迎えられたことを心から感謝申し上げたい。我々東芝は『Improving the Quality of Life』を目標に活動を行ってきた。我々が貢献できたことは何かを振り返ったとき、それは正に画論であり、ひとえに画論を支えてきてくださった先生方のおかげである。医師、診療放射線技師の皆様と一緒に画論を続けてきたこと、今日まで続いていること、そしてこれからも続けていくことが東芝の誇りだ。今後もトップの画質、トップの使いやすさ、トップの安心・安全さをもって貢献していきたい」と挨拶を述べた。
 
 
<各部門最優秀賞>

CT
・1~32列部門
最優秀賞 サウスポイント MYクリニック 第8胸椎圧迫骨折
・64~160列部門
テクニカル賞、最優秀賞 聖マリアンナ医科大学病院 先天性肺気道奇形(CPAM)疑い
・64~160列(心大血管)部門
最優秀賞 社会福祉法人恩賜財団済生会茨城県支部水戸済生会総合病院 炎症性胸部大動脈瘤
・Aquilion™ ONE部門
最優秀賞 社会医療法人共愛会戸畑共立病院 上腕骨頭粉砕骨折
・Aquilion™ ONE(心大血管)部門
最優秀賞 NTT東日本札幌病院 IgG4関連冠動脈周囲炎
 
 
MRI
・1.5テスラMR部門
最優秀賞 順天堂大学医学部附属浦安病院 Time-SLIP法による唾液腺評価
・3テスラMR部門
最優秀賞 医療法人住友別子病院 乳癌
 
 
超音波
・心臓部門
最優秀賞 京都大学医学部附属病院 心室中隔穿孔を合併した
たこつぼ型心筋症の1症例
・血管部門
最優秀賞 東邦大学医療センター大橋病院 右内頸静脈内 菌塊 疑い
・腹部部門 
最優秀賞 東邦大学医療センター大森病院 胎便性腹膜炎
・表在部門
最優秀賞 千葉大学医学部附属病院 SAPHO症候群

このページの先頭へ戻る