ITEM2012 スリーゼット ブースインフォメーション

●医用画像管理システム
「Caps」! 新バージョン!

「Caps」はWebベースのシステムとして開発。
“DICOM Server”“DICOM Viewer”“DICOM MWM” “Report” “検像”から各システムとの連動までトータルに対応可能。
まさに “ALL in ONE”
のシステムである。
 
本システムは4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定である。

●医用画像レコーダー
 「MV-3C-D」シリーズ ! 新製品!

「MV-3C-D」は現行のDS-10Xシリーズを進化させ従来のDICOM静止画記録に加え、動画で記録したいというご要望にお応えした製品。
「MV-3C-D」の動画記録は、DICOMマルチフレームに対応し1検査最大300秒(EQ画質)の記録が可能。これでビデオ出力モダリティの動画像もDICOM一元管理が可能となる。
 
本製品は4月13日からパシフィコ横浜で開催される、ITEM in JRC 2012(ITEM2012 国際医用画像総合展)で展示予定である。

ITEM in JRC 2012ブース No.214 パシフィコ横浜展示ホール
このページの先頭へ戻る