XVI Symmetry(放射線治療)

 CT撮影画像と4DCT撮影画像の機能をミックスさせた、最新のソリューション。呼吸性移動の影響を管理するための、世界で唯一の機能を導入している。ワークステーション内で使用。治療の際、寝台に患者が乗った状態で、呼吸性移動による動きを確認しながら正確な照射位置の決定ができる。画像は統合されてモニターに表示される。国外では去年から、国内では今年から臨床導入されている。
撮影画像のモニター
撮影画像のモニター
このページの先頭へ戻る