1220型 ArcCHECK(放射線治療)

Share (facebook)
 ローテーショナルセラピーQAツールで、開発当初からアーク照射とIMRTのQAを前提に設計された。半導体検出器1386個をらせん状に配列し、等方向性に優れた円筒形アレイを採用。アーク照射に対して、どの角度からも常に一貫した測定ジオメトリを実現し、より多くのデータから、詳細なQA解析が可能となる。3DVH解析をオプションで利用できる。
1220型ArcCHECK
アーク照射に適した円筒形アレイ
Share (facebook)
このページの先頭へ戻る