ALNフィルターについて

category:要旨
2011.08.25

ALNフィルターについて

東海大学
橋本 毅ほか

下大静脈フィルターは急性期の肺血栓塞栓症は減少させるものの、長期留置に伴い様々な合併症が生じると
報告され、永久留置はなるべく避けるべき状況になっている。
これを受け、本邦でも添付文章の改訂が行われたが、長期間留置による内膜肥厚に伴い抜去ができないこと
もある。
今回、長期留置後でも抜去が可能とされるALNフィルターについて紹介する。

 

 

 

このページの先頭へ戻る