医療機関におけるBYOD利用の理念

category:要旨
Share (facebook)

医療機関におけるBYOD利用の理念
東京女子医科大学 画像診断・核医学科
鈴木一史
 
 個人所有の端末を持ち込んで業務に用いるBYOD(Bring Your Own Device)は、急速なITデバイスの進化に柔軟に対応しリソースの活用を図る手段として注目を浴びつつあるが、セキュリティ上の課題ももたらす。医療機関、特に放射線部門におけるBYODの利用について、その理念や特徴を概説する。
 
RadFan2012年12月号目次に戻る

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る