乳腺領域におけるElastographyの実際的メリット

category:要旨
2012.05.01

乳腺領域におけるElastographyの実際的メリット
伊藤吾子(株式会社日立製作所日立総合病院外科)

 乳腺領域の超音波診断にElastographyを加えることで、従来の超音波では良悪性の確信に欠けるような病変を、良性寄りまたは悪性寄りに振り分けることができる。
 これにより、外来診療では乳癌の診断感度は上昇し、良性病変に対する不必要な侵襲的手技を減少させられる。乳癌検診において癌発見率は保ちつつ、要精査率を減少させられる。

このページの先頭へ戻る