遠隔画像診断サービス業界フォーラム構築にむけて第1回勉強会を開催

category:未分類
Share (facebook)
石垣武男氏
中安一幸氏
平澤之規氏
森脇博信氏
会場の様子
 遠隔画像診断サービス業界フォーラム構築にむけての準備会は3月24日、全国家電会館(東京都文京区)において、第1回勉強会を開催した。
 この勉強会は、遠隔画像診断のより良いサービス提供を目的に、今回初めて企画されたもの。石垣武男氏(名古屋城北放射線科クリニック)と中安一幸氏(厚生労働省政策統括官付社会保障担当参事官室 室長補佐、北海道大学大学院保健学科研究院客員准教授)が進行役を務め、遠隔画像診断サービス事業者の品質確保や損害賠償について議論が交わされた。石垣氏は画像の信頼性や整合性などについて「読影医が安心して読影できる環境作りが必要になっている。そのためには業界全体が足並みをそろえ、さまざまな問題に取り組んでいく仕組みづくりが必要だ」と述べ、また中安氏は「この勉強会を実務的な情報交換の場として、活発な意見交換の場にしていきたい」とフォーラム設立に向け意欲を見せた。
 その後、㈱メディカルイメージラボの平澤之規氏が遠隔画像診断事業者対象の賠償責任保険が無いこと、㈱ドクターネットの森脇博信氏が海外在住の医師による医療行為を対象にした賠償責任保険が無いといった問題点を提起し、来場者とさまざまな意見交換を行った。

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る