GEヘルスケア・ジャパンとJSR、 整形外科領域でのデジタルプラットフォーム構築と新規サービス事業の立ち上げに向け、パートナーシップを締結 ~医療の効率化と個別化医療の促進を目指した協業開始に合意~

2019.05.08

 GEヘルスケア・ジャパン(株)(以下、GEヘルスケア)とJSR(株)(以下、JSR)は、整形外科領域におけるデジタルプラットフォーム構築と新規サービス立ち上げに向けたパートナーシップを開始すること合意した。この合意に基づき、両社で医療の効率化と個別化医療の促進を目的としたソリューション開発を行っていく。両社のパートナーシップにより、一人ひとりにあったより質の高い医療をより効率的に提供していくという「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指していく。
 超高齢化社会を迎えた日本では、平均寿命の延伸に伴い、ロコモティブシンドローム(運動器に障害が生じ、移動機能が低下した状態)などにより、整形外科領域における医療のニーズは増加している。一方で、医療技術の進展に伴う治療の複雑化や医師不足などから、医療品質の維持・向上が必要不可欠となっている。
 また、整形外科領域では、CTのThin slice(薄層)撮像を3D化し手術計画を立てるアプリケーションや、3Dプリンティングを活用した整形外科インプラント、またVR(仮想現実)を活用した手術教育支援プログラム等のデジタルテクノロジーが急速に普及しており、他の疾患領域に先駆けて、デジタルデータを活用した医療の高度化、効率化が広がる可能性が高いと言われている。
 両社が本協業の合意に至った背景には、より患者一人ひとりにあった包括的なケアをより効率的に提供していく「プレシジョン・ヘルス」の実現を目指し、日本の医療における課題である健康寿命の延伸に取り組むGEヘルスケアと、ライフサイエンス領域での新たな価値創造活動の一環として、個別化医療の実現へ向け、「材料技術とデジタル技術との融合」を通じた研究開発とその社会実装をグループ全体で推進するJSRの方針が一致したことがある。
 協業においては、GEヘルスケアのクラウド型画像管理プラットフォームやGE独自の新しいデジタルブランドである「Edison*」上のAI等の技術を活用し、JSRのグループ会社であるレキシー社の3D手術シミュレーションソフトウェア「Zed View®シリーズ」等の技術を組み合わせた、新しいサービス開発を目指す。将来的には、双方で有している3Dプリンティング技術につなげることで、患者一人ひとりに合った医療をより効率的に提供するサービスおよびビジネスモデル構築を共に目指す。これにより、医療機関と現在医療機関にサービスを提供する企業の間でのみならず、医療に携わるすべてのステークホルダーを含めた全体最適の視点から、よりコスト効率のよい医療提供につながることが期待される。
 このパートナーシップを通じ、両者それぞれの強みを活かしつつ、整形外科領域における医療提供側のより良いプラットフォームを構築し、医療提供者のアウトカムと患者のQOL向上、ひいてはプレシジョン・ヘルスの実現による健康寿命の延伸を目指していく。

*Edisonについて
 “Edison”は、GEヘルスケアのインテリジェントな製品やサービスの総合的なブランドであり、プラットフォーム(Edison Platform)を使用して開発されたアプリケーション(Edison Applications)とスマートな機器・装置(Edison Smart Devices)で構成される。このプラットフォームはGEヘルスケアの社内開発者だけでなくバイオテクノロジーとヘルスケアの戦略的パートナーにも提供され、両者によるAIアルゴリズムを含めたインテリジェントなアプリケーションのデザイン・開発・管理、そしてそれらアプリケーションの配布、アクセス環境の提供を担う。

本件に関するお問い合わせ
GEヘルスケア・ジャパン(株)コーポレート コミュニケーション
Tel: 0120-202-021
http://www3.gehealthcare.co.jp/

JSR(株)広報部
Tel: 03-6218-3517
http://www.jsr.co.jp/

会員ログイン
Satellite View Key Journal HP1 ▼▽「RadFan」2013年1月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ▼▽「RadFan」2011年4月号以降の文献pdf販売中!▽▼ ehon2
このページの先頭へ戻る