Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/greenwalrus5/www/wp/wp-content/themes/medicalai/single-rsna2012.php on line 117

X線検査装置 DRX-Transportable System

RSNA2012 Report :
2012.11.26
 同社ブースには、カセッテタイプのワイヤレスFPD「DRX-1 システム」のラインナップのひとつである「DRX-Transportable システム」も展示されている。日本国内では本年5月から販売開始している。


 同製品は、在宅・救急医療で外部電源がない環境での撮影や設置レイアウトが限られている健診車への搭載を実現するコンパクトポータブル仕様。DRXディテクターのバッテリーは連続約190撮影が可能で、着脱式にすることにより検査を充電のために止めることはない。バッテリーの交換も簡単だ。撮影カセッテをDRX-1に交換するだけで撮影室のFPD化が実現可能システムである。


 DRX-Transportableは専用キャリーケースにすべてのシステムを収められるオールインワン仕様。ケースにはキャリーが備え付けられており、コンパクトかつ持ち運びしやすいよう設計されている。撮影時は蓋を開けて電源を入れるのみの超簡単フロー。
会員ログイン
メディカルアイ

Facebook始めました!
このページの先頭へ戻る