九州⼤学⼤学院医学研究院によるデジタルX線動画撮影(DDR)に関する研究成果が権威ある国際学術雑誌「Radiology」に掲載 〜慢性⾎栓塞栓性肺⾼⾎圧症(CTEPH)診断のための胸部X線動画撮影〜

2022.11.09

 コニカミノルタ株式会社(本社︓東京都千代⽥区、社⻑︓⼤幸 利充、以下 コニカミノルタ)は、九州⼤学⼤学院医学研究院 臨床放射線科学分野の⽯神康⽣教授、⼭崎誘三助教、循環器内科学分野の阿部弘太郎講師らの研究グループがコニカミノルタのデジタルX線動画撮影(DDR︓Dynamic Digital Radiography)を利⽤して造影剤を使⽤せず肺の⾎流動態を可視化する技術を開発し、その研究成果が放射線科領域では世界的に最も権威ある学術雑誌のひとつである「Radiology」に掲載されたことを発表した。なお、本研究グループにはコニカミノルタも参加している。

【研究の背景】

慢性⾎栓塞栓性肺⾼⾎圧症(CTEPH)は、肺動脈内に⾎栓が慢性的に形成され、肺⾎流が障害される国内患者約4,000⼈の希少疾患である。無治療では極めて予後不良だが、カテーテル治療や外科的治療により予後が劇的に改善することから、早期診断することが極めて重要である。CTEPHをいち早く⾒つけ出すため、肺換気/⾎流シンチグラフィ1による肺⾎流評価が推奨されている が、⾼価な⼤型装置、被ばく検査時間の⻑さから検査数は制限されており、肺⾎流障害を早期に 評価する簡便な医療機器の開発が医療現場で望まれている。

【研究の内容】

 デジタルX線動画撮影による肺⾎流イメージング は、単純X線撮影と同様の装置を⽤い、わずか数秒の 息⽌めで撮影でき、肺の⾎流分布を評価できる。 被ばく量も国際原⼦⼒機関の定める胸部X線写真正 ⾯像+側⾯像の基準よりも少なく低侵襲に撮影が可 能だ。九州⼤学⼤学院医学研究院とコニ カミノルタの研究グループは、この肺⾎流イメージ ングにより、造影剤や放射性核種を⽤いることなく、 肺⾎栓塞栓症を⽰唆する⾎流分布異常の検出と、動 画像もしくは胸部単純X線写真内の異常所⾒を合わ せて評価することで、肺⾎栓塞栓症の診断を⾏う胸部X線動態撮影システムを構築した。 CTEPHの検出における有⽤性を、既存の肺⾼⾎圧症50例のデータを⽤いて、放射線科専⾨医の 読影によって後ろ向きに検証したところ、感度97%、特異度86%、診断精度92%と⾼い診断能を呈 し、CTEPHスクリーニング²のためのfirst choiceとして位置付けられている肺換気・⾎流シンチグラフィ*1とほぼ同等の診断結果が得られることが確認された。
 胸部X線動態撮影システムが、造影剤や放射性核種を使⽤せず、簡便に使⽤でき、より低被曝なCTEPHの新たな診断⼿法となる可能性を世界で初めて証明しました。


 今後、胸部X線動態撮影システムの感度・特異度を評価する多施設共同での治験を⾏い、その有⽤性がさらに明らかになれば、CTEPHの早期診断が可能となり、早期治療につながることが期待されます。また、早急な検査・診断を要する急性肺⾎栓塞栓症の患者、造影剤の使⽤が困難なアレルギー患者や妊婦などに有効な新たな診断⼿法となる期待がもたれます。

【 デジタルX線動画撮影(DDR)とは 】

 DDRは、パルスX線の連続照射で撮影したX線画像の連続表⽰により動画像を作成する技術である。
 DDRにより得られた動画像に、視認性向上や⽣体構造物の動きの定量化を⽬的とした画像処理を加えることで、従来の静⽌画では得ることが難しいより多くの情報をX線検査の段階で提供ができる。
 また、DDRはCTなどに⽐べて低線量で撮影することができ、初期の段階の検査における診断精度向上とともに、病変の早期発⾒と患者の負担軽減に寄与できると考えているとの事。

【 掲載の概要 】

学術誌名 Radiology
学術誌発⾏元 Radiological Society of North America (RSNA、北⽶放射線学会)
論⽂名 Efficacy of Dynamic Chest Radiography for Chronic
Thromboembolic Pulmonary Hypertension
(肺高血圧症患者における慢性肺塞栓症の診断検査としての胸部X線動態
撮影の有効性)
主な執筆者 九州⼤学⼤学院医学研究院
臨床放射線科学分野 教授 ⽯神 康⽣
臨床放射線科学分野 助教 ⼭崎 誘三
循環器内科学分野 講師 阿部 弘太郎
コニカミノルタ株式会社
ヘルスケア事業本部開発企画部臨床開発グループリーダー 福元 剛智
掲載⽇ 2022年11⽉8日(オンライン公開⽇)
掲載URL https://pubs.rsna.org/toc/radiology/0/0
DOI https://doi.org/10.1148/radiol.220908
コニカミノルタは、胸部単純X線検査を動画にすることにより、診断レベルを向上させることができると考えており、今後も⼀般X線撮影における新たな動画像診断の確⽴を⽬指して、取り組みを進めるとのこと。
*1︓シンチグラフィとは、注射などで体内に放射性薬剤を投与して、臓器内に分布した薬剤から放出される放射線を⼤掛かりな装置で検出し、その分布を画像化したもの。
*2︓引⽤元⽂献
1) Frost A, Badesch D, Gibbs JSR, et al. Diagnosis of pulmonary hypertension. Eur Respir J 2019; 53:
1801904 [https://doi.org/10.1183/13993003.01904-2018].
2) 「慢性⾎栓塞栓性肺⾼⾎圧症(CTEPH)診療ガイドライン2022」⽇本肺⾼⾎圧・肺循環学会編

報道関係お問い合わせ先

コニカミノルタ株式会社 広報部
担当︓北 陽⼦ 070-3669-8853
坂本 和歌⼦ 070-7537-2891