富士フイルム、検出試薬「E484Q変異検出キット」発売

2021.05.27

富士フイルム和光純薬株式会社は、新型コロナウイルス変異株の検出試薬「E484Q変異検出キット」 (研究用試薬)を本日発売した。このキットは、ワンステップ RT-qPCR法¹⁾に用いることで、インド型ウイルスが持つ「E484Q」変異を高感度に検出することができる。 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、高い感染力やワクチン効果の低下が懸念される変異株が次々に出現している。このような中、富士フイルム和光純薬は、本年3月29日に、イギリス型ウイルスが持つ「N501Y」変異を検出する「N501Y変異検出キット」と、南アフリカ型・ブラジル型ウイルスに共通する「E484K」変異の検出が可能な「E484K変異検出キット」を発売。また5月17日には、インド型・カリフォルニア型ウイルスに共通する「L452R」変異を検出できる「L452R 変異検出キット」の販売を開始するなど、新たな変異株に対応する検出試薬を次々に投入。 今回発売された「E484Q変異検出キット」は、当社独自の設計手法により開発した、新型コロナウイルス変異株の検出試薬で、新型コロナウイルスの陽性検体から、インド型ウイルスが持つ「E484Q」変異を高い感度で検出可能に。さらに、既に発売した「L452R 変異検出キット」との組み合わせにより、インド型ウイルスのなかでも、「L452R」「E484Q」の2つの変異を持つタイプを特定することができる。 また、「L452R 変異検出キット」だけでなく、「N501Y変異検出キット」「E484K変異検出キット」も併用することで、①イギリス型(N501Y)、②南アフリカ型・ブラジル型(N501Y・E484K)、③インド型・カリフォルニア型(L452R)、④インド型(L452R・E484Q)のいずれかに該当するかを判定することが可能。

¹⁾ PCR法のうち、RNAからDNAへの逆転写反応とDNAの増幅反応を同一のチューブ内で行う方法。

 

新型コロナウイルス変異株の検出試薬「E484Q変異検出キット」

このページの先頭へ戻る