シーメンス、コニカミノルタジャパンと医療サービス提供における提携を本格始動

2021.05.19

シーメンスヘルスケア株式会社(本社︓東京都品川区、代表取締役社⻑︓森秀顕、以下 シーメンスヘルスケ
ア社)とコニカミノルタジャパン株式会社(本社︓東京都港区、社⻑︓⼤須賀 健 以下、コニカミノルタジャ
パン社)は、AI 技術を活⽤した診断や診療を誰もが受けられる世の中の実現を⽬指し、医療サービス分野にお
ける提携を本格的に開始した。2020 年6 ⽉に発表したシーメンスヘルスケアの胸部CT 画像AI 解析受
託サービスをコニカミノルタジャパン社の医療機関向けICT サービス「infomity(インフォミティ)」でも新
メニューとして4 ⽉より提供開始した。

本格的なサービスの開始により、診療所を中⼼に多くの施設が使⽤しているコニカミノルタジャパン社の「infomity」と、中規模・⼤規模病院を中⼼に導⼊が進んでいるシーメンスヘルスケア社の「teamplay digitalhealth platform(チームプレイ・デジタル・ヘルス・プラットフォーム)」の両プラットフォーム上で、シーメンスヘルスケアのAI 画像解析ソフトウェアを活⽤した診断⽀援サービスを使⽤できることになった。

「infomity」と「teamplay digital health platform」のコラボレーションから⽣まれる価値
AI 技術を活⽤し⼤量の画像解析を⾏いたい施設にはシーメンスヘルスケア社の「teamplay digital health platform」を、
必要に応じて⼿軽にAI 技術による診断⽀援を利⽤したい施設にはコニカミノルタジャパン社の「informity」を使用可能。両社の医療プラットフォームの特⻑をつなぐことで、より多くの医療施設で広くAI技術を活⽤いただく機会を創出。また、本サービスは、胸部CT 画像から、肺・⼼臓・⼤動脈・胸椎の
定量的な解析結果を提供するが、これは、スクリーニングが主となる診療所では、主訴以外の胸部解析情
報も得られるため、これまで以上に質の⾼い診断結果を提供することが可能となり、医療全体の質の向上につながると考えられている。

シーメンスヘルスケア社のAI 画像解析ソフトウェア「AI‐Rad Companion Chest CT(エーアイ・ラド・コンパニオン・チェスト・シーティー)」
「AI‐Rad Companion Chest CT」は、胸部全体のCT 画像から肺や⼼臓、⼤動脈などの複数部位を⼀度に解析で
きるAI 画像診断⽀援ソフトウェアで、ディープラーニング(深層学習)技術を⽤いて肺結節の検出や測定、
⼤動脈の直径の測定などを⾃動で⾏いレポートを⽣成。 「AI‐Rad Companion Chest CT」による主なレポ
ート項⽬は、肺結節検出、肺実質の計測・表⽰、⼼臓容積、冠動脈カルシウム計測、⼤動脈計測、胸椎⾻計
測、肺密度計測の7 項⽬。

AI‐Rad Companion Chest CT による解析のイメージとレポート画⾯

AI‐Rad Companion について
京都桂病院 放射線科 診断部 部⻑の⼭岡利成 医師は、以下のように述べている。
「胸部の主たる臓器の重要チェック項⽬を⼀度に解析できることが最⼤のメリットです。当院では、
⾼齢の悪性腫瘍患者の術前に⽯灰化スコアリングの計測が実施されることが多いのですが、AI‐Rad
Companion を⽤いることで、転移検索⽬的で実施された胸部単純C T からある程度の層別化が実施できるた
め、⼼電図同期C T 検査を省略できる可能性があります。⼤動脈の計測では、検査ごとに診断医が変わるこ
ともあり、測定部位や測定⽅向の再現性には限界がありますが、⾃動的にセグメンテーションし、規定の部
位で測定されることで、再現性の⾼い結果が得られ、より正確な経過観察ができると期待されます。肺結節
の測定、気腫の定量評価、胸椎測定については、検診領域での活⽤が期待されます。CT 肺がんドックを実
施されている施設であれば、他施設との差別化を図る上で、解析項⽬の多い本ソフトは⾮常に魅⼒的です。
解析結果が3D 画像で表⽰される点も、結果説明をわかりやすく受検者に伝える上で⼤きなメリットです」

 

本記事のお問合せは下記へ
コニカミノルタジャパン株式会社 ヘルスケアカンパニー
TEL: 03‐6324‐1080
https://www.konicaminolta.jp/healthcare

このページの先頭へ戻る