キヤノンメディカルシステムズ社、水泳飛込ワールドカップの新型コロナウイルスオンサイト検査支援

Share (facebook)

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(本社︓栃木県大田原市 社長 瀧口 登志夫 以下、キヤノンメディカル社)は、公益財団法人日本水泳連盟、及びIMSグループ 医療法人社団 明芳会 高島平中央総合病院からの依頼を受け、東京アクアティクスセンター(東京都江東区)で開催される「FINA水泳飛込ワールドカップ(兼 東京オリンピック最終選考会)」(大会期間︓5月1日~6日)において、新型コロナウイルスのオンサイト検査を支援する。

東京アクアティクスセンター敷地内に、株式会社Sansei(神奈川県横浜市 社長︓尚和 直生、以下、Sansei社)のコンテナ医療設備「Medical Container – Cube®(MC-Cube)」¹⁾(以下検査用コンテナ)を設置し、ホテルに滞在する選手、審判やスタッフ、会場に直接来場する報道陣などから、唾液を採取し、検査用コンテナ内で蛍光LAMP法²⁾による「新型コロナウイルスRNA検出試薬 LAMPdirect / Genelyzer KIT」³⁾、および等温増幅蛍光測定装置 Genelyzer Fシリーズを使用して検査を実施する。

検査は大会3日前の4月28日から大会最終日まで毎日実施し、検査で陰性が確認された選手、審判やスタッフのみセンター内に入ることにより、厳重な感染対策につなげていく。

昨年11月に開催された「体操国際競技会 Friendship and Solidarity Competition(友情と絆の大会)」でも、実用試験として約200名の大会・報道関係者に対するオンサイト検査を実施したが、今回は検査用コンテナや検査管理システムを加え、より利用しやすい環境を整えている。

キヤノンメディカル社の検査システムとSansei社の検査用コンテナを利用することにより、新型コロナウイルスの検査をオンサイトで迅速に実施することが可能となる。

 

¹⁾  https://sansei-asia.com/medicalsolution/mc-cube/

²⁾  LAMP︓栄研化学株式会社が開発した核酸増幅法(Loop-Mediated Isothermal Amplification)

³⁾ 株式会社島津製作所のAmpdirectTM技術による専用試薬「LAMPdirect」を用いて、検体採取後、結果を得るまで約30分(最短)と大幅な時間短縮を実現し、昨年10月に国立感染症研究所のホームページで公表され、行政検査に使用可能となっている。
https://jp.medical.canon/News/PressRelease/Detail/64331-834
https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV-17-current.pdf

研究用試薬であり、医薬品医療機器法に基づく体外診断用医薬品としての承認・認証などを受けていない。ただし、「臨床検体を用いた評価結果が取得された2019-nCoV遺伝子検査方法について」(厚生労働省健康局結核感染症課 国立感染症研究所2020年10月23日版)に記載され、厚生労働省の通知により保険適用の対象になっている。また、試薬の使用には、専用装置 Genelyzer Fシリーズ(https://jp.medical.canon/products/dnachip/genelyzer_F/)に加え、分注ピペット、小型遠心機をはじめとする機材や、試料・遺伝子の取扱技術を必要とする。

本記事へのお問合せは下記へ

キヤノンメディカルシステムズ株式会社

広報室 江野

TEL 0287-26-5100

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る