キャノンメディカルシステムズ開発中の簡易検出キットが2019-nCoV遺伝子検査法として掲載

2020.10.26

 キヤノンメディカルシステムズ株式会社は、独自の蛍光LAMP法(注1)による「新型コロナウイルスRNA検出試薬 Genelyzer KIT」(注2)を用い、株式会社島津製作所の協力を得て、検体採取から約30分で結果が得られる簡易抽出・検出用試薬キット新型コロナウイルスRNA検出試薬 「LAMPdirect Genelyzer KIT」を開発している。
 このLAMPdirect Genelyzer KITを用いた検査が、厚生労働省及び国立感染症研究所による「臨床検体を用いた評価結果が取得された2019-nCoV遺伝子検査法について」において、陰性一致率100%、陽性一致率90%以上として結果が公表された。

LAMPdirect Genelyzer KIT(本試薬)
 厚生労働科学研究費補助金「新興・再興感染症のリスク評価と危機管理機能の実装のための研究」の一環として、「もっと容易に安全に」との検査現場の声に応えるべく開発された。
 島津の保有するPCR検査用「Ampdirect 2019-nCoV検出キット」の検体処理液を、蛍光LAMPに適用し、専用試薬「LAMPdirect」として供給を受けることにより実現。採取した検体をLAMPdirect溶液に添加後、90℃で5分加熱処理するだけで不活化し、核酸を抽出する。その核酸を基本試薬に添加し、等温増幅蛍光測定装置Genelyzer Fシリーズにて検査をスタートすれば20分で完了、陽性検体であれば10分程で結果が確認できる。従来の代表的な抽出法(公定法による前処理)に比べ抽出時間を半分以下、手順も11ステップから3ステップと大幅に省力化した。
 国立大学法人 長崎大学 安田二朗教授らの協力を得て性能評価を実施、基本試薬とほぼ同等であることが確認されたため9月末に厚労省に報告書を提出し、この度結果が公表された。

Genelyzer KIT(基本試薬)
 従来、検査現場でプライマー、逆転写酵素など数種の試薬類を混合する必要があったが、今般、試薬類を事前に混合した「プレミックス試薬」を開発、検査現場では1試薬の分注作業だけで準備が整う試薬を実現した。現場の省力だけでなく、手技ミスやコンタミネーションなどの検査リスクを低減する。

 本システムが、空港・埠頭やスポーツ・イベント会場など、現場で迅速な結果が求められるシーンで活用され新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策に貢献することを期待している。

<注>
注1 LAMP法︓栄研化学株式会社が開発した核酸増幅法(Loop-MediatedIsothermalAmplification)

注2 本システムは、検体から新型コロナウイルス遺伝子を検出するまでに要する時間が、検体の前処理操作(ウイルス遺伝子の抽出)を含めても40分以内と、短時間でウイルスの遺伝子が検出可能。本システムで用いる装置は、軽量かつコンパクトであるとともに操作性も優れており、医療現場や離島等での使用に適している。

【お問い合わせ】
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
広報室 江野
電話:0287-26-5100

このページの先頭へ戻る