BD Rowa™ ピックアップターミナル」のセミアウトドアタイプ販売開始 日本初、屋外ターミナルで、処方薬をいつでも受け取り可能に

2021.03.23

日本BD(本社:東京都港区、代表取締役社長:阿知波達雄)は、調剤薬局での医療安全、業務効 率、患者満足度の向上に貢献する薬局ロボット「BD Rowa Vmax™ システム」の拡張機能として、この度、非対面で患者さんの都合の良い時間に処方薬を受け取ることができる「BD Rowa™ ピックアップターミナル」のセミアウトドアタイプの販売を開始し、その一号機が鹿児島県鹿児島市の「てらわき薬局城西」に導入されたことをお知らせする。

非対面で、患者さんの都合に合わせて処方箋をピックアップ

「BD Rowa™ ピックアップターミナル」は患者さんが屋外で処方薬を受け取れる装置である。発行されたQRコードをピックアップターミナルにかざすことで、患者さんは都合の良い時間に処方薬を受け取ることができる。また今回導入されたセミアウトドアタイプは、屋外での設置が可能なタイプで、今まで以上に患者さんの利便性が向上することが期待される。

最新型薬局が鹿児島に誕生

今回ピックアップターミナルが導入された「てらわき薬局城西」には、医薬品の入庫や処方箋に基づく払い出しを自動で行う薬局ロボット「BD Rowa Vmax™ システム」にて処方薬から市販薬までを一元管理し、こちらも国内初の正式販売となる「BD Rowa Vmotion™ デジタル・シェルフ」(電子お薬陳列棚)が導入されている。

「てわらき薬局城西」を開設する株式会社文寿の代表取締役社長、寺脇大氏は、「この薬局の開設は長年思い描いてきた、次世代型薬局実現への挑戦である。患者さんに寄り添うことはもとより、地域に貢献できる薬局を目指す。昨年より、コロナ禍にあって、薬局においても非対面での対応が求められている。最新鋭の薬局ロボット「BD Rowa Vmax™ システム」の導入で、処方薬は正確に、かつ迅速にロボットアームでピックアップされ、薬剤師は対面か非対面かに関わらず患者さんへの服薬指導や健康相談に多く時間を割けるようになる。また、屋外に設置されたピックアップターミナルにより、患者さんは薬局に入ることなく、処方された薬を都合の良い時間に受け取ることが可能である。これからもてらわき薬局は、医薬品の適正使用、安全の確保に取り組みつつ、患者さんやお客様の満足度と利便性向上に貢献する薬局となるよう、取り組んでまいります。」と話していた。

【BD Rowa™ ソリューションについて】

 自動入庫払出システム(BD Rowa Vmax™ システム)にて薬局で取り  扱う在庫(医療医薬品、一般用医薬品類)の大部分の在庫管理を一  手に担います。薬剤師や薬局にお勤めの方々を支援し、入庫、ピッキング、  在庫管理、陳列、有効期限管理等の業務から、より付加価値の高い業務  へのタスクシフティングに貢献。また、「BD Rowa™ ピックアップターミナ  ル」、「BD Rowa Vmotion™ デジタル・シェルフ」 と接続することで薬局全  体の価値を高め、現場の方々の支援ばかりでなく、患者さんの利便性も向上した。

経済産業省等が共催する第9回ロボット大賞では優秀賞を受賞。日本の  調剤薬局に特有のワークフローを解析し、店舗の薬剤師とシステムの共同作業としてソリューションに落とし込 んでおり独自性があること、また、イノベーションが従来起こづらかった分野での提案であることが評価された。

日本BDについて

日本BD(日本ベクトン・ディッキンソン株式会社)は、BD(本社:米国ニュージャージー州フランクリンレイクス)の日本支社として1971年に創立(1985年日本法人化)。世界の製造拠点から、ライフサイエンス研究用製品、臨床検査・感染 制御、環境検査関連製品、薬剤投与等の治療用製品を輸入販売している。1987年に日本における生産物流拠点として開設した福島工場(福島県福島市西工業団地)では、細菌検査用の生培地やプレフィル用シリンジ(薬剤充填式注射器)を製造し、グローバルスタンダードの製品を日本の品質基準でお届けしている。

主要製品:フローサイトメーター(自動細胞解析分離装置)および試薬、血液培養等の細菌・ウイルス検査システムや 迅速診断キット、子宮頸がん検査システム、医療従事者を職業感染から守る針刺切創防止機構付きの安全器材や抗がん剤曝露から守る閉鎖式薬剤輸液システム、糖尿病治療のためのインスリン注入器用注射器材、プレフィル用シリンジ、薬局の効率化をサポートする薬局ロボットなど。詳細は、日本BDホームページwww.bd.com/jp/をご参照ください。 

BDについて

BD(ベクトン・ディッキンソン アンド カンパニー)は、医療技術で世界をリードし、医療分野での新たな知見を求め、診断や治療の質を向上させることで、「明日の医療を、あらゆる人々に」提供することを目指している。患者さんの治療や医療プロセスに関する革新的な技術やサービス、ソリューションを開発することによって医療の最前線で活躍する人々を支えている。 世界で65,000人におよぶBD社員は、次世代の診断・治療法の研究開発の現場で研究者をサポートし、臨床現場における医療従事者の安全性や医療効率を向上させ、医学研究者たちによる診断技術の研究を促進するよう日々努力をしている。世界のあらゆる国の医療機関とパートナーシップを組み、世界規模の最重要課題に取り組むとともに、顧客である医療機関と緊密に連携することで、医療効果の改善やコスト削減、効率化、安全性の向上、医療アクセスの促進に寄与している。日本においては、2019年より、薬局における薬剤在庫管理を効率化する薬局ロボットを上市し、2020年7月に日本初となる市販薬用OTCデジタルディスプレイの実証実験を開始した。また、新型コロナウイルスの検出に貢献するBDの全自動リアルタイムPCR「BDマックス™ 全自動核酸抽出検出システム」は全世界で使用されており、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検出専用試薬が2020年6月に発売となった。

2017年、BDはC.R.Bard社をグループに迎え入れ、同社製品をBD製品ラインアップに加えた。

BD and the BD Logo are trademarks of Becton, Dickinson and Company or its affiliates. All other trademarks are the property of their

respective owners. ©2021 BD. All rights reserved

本リリースに関するお問い合わせ先】

株式会社ココノッツ 荒木・橋本

TEL:03-5212-4888

※ お願い:恐れ入りますが、ご掲載いただける際の「製品についてのお問い合わせ先」は、  BD カスタマーサービス(TEL:0120-8555-90 FAX:024-593-5761)をご記載ください。

このページの先頭へ戻る