メディコン、「BD EleVation™ バイオプシーシステム」本格発売 乳がん病理診断の検体採取を素早く確実に

Share (facebook)

BDのグループ会社である㈱メディコンは、乳がん病理診断の検体を素早く確実に採取する「BD EleVation™ バイオプシーシステム(ビーディー・エレベーション・バイオプシーシステム)」を2021年7月15日に本格発売。
「BD EleVation™ バイオプシーシステム」は、超音波ガイド下で効率よく必要量の検体を採取するために開発された吸引式乳房組織生検用デバイスだ。穿刺針には、超音波下で視認しやすいエンハンスメント加工が施してあり、針先のトライコンケーブ形状が狙った部位へのスムーズな穿刺をサポートする。また、一回の穿刺で複数検体を採取することが可能となり、1検体当たりの採取にかかる時間は約9秒*iと、病理診断の検体採取にかかる時間を大幅に短縮した*ii。
乳がんは日本女性がかかるがんのトップで、年間約9万人が乳がんと診断されており*iiiその罹患率は増加の一途をたどっている。乳がんは早期発見により、治る確率が高まり、治療期間も短くなることが知られている。乳がんの検査では触診やマンモグラフィ、超音波などによる画像検査でシコリや石灰化が確認された場合、病変から組織を採取して病理検査を行う。「BD EleVation™ バイオプシーシステム」は、より確実な診断をするための検体採取に必要とされる熟練した技術と採取にかかる時間を大幅に軽減し、乳がん検査の正確性と迅速化に貢献する。

超音波エンハンスメント加工

TriConcave™(トライコンケーブ)形状の針先

■独自のニードルで確実な採取と、効率性アップにより、患者さんの負担を軽減
「BD EleVation™ バイオプシーシステム」は握りやすいグリップ部分と症例に応じて3種類のゲージサイズが選択できるニードル部分から成っている。単回の穿刺で複数検体を安定して採取する仕組みを備えているのに加え、超音波で針の位置を視認できるエンハンスメント加工や、乳腺密度の高い組織の採取等をサポートするスマートモード、鋭利な針先で一定に前進させるピアス機能等、乳がんの組織検体採取に特化した機能が、確実な検体採取をサポートする。
セットアップと後処理も簡単で効率的なため、検査時間の短縮にもつながる。

 

超音波エンハンスメント加工 TriConcave™(トライコンケーブ)形状の針先

BD EleVation™ バイオプシーシステム

i 平均採取時間は非臨床試験における観察値であり、実臨床とは異なる可能性がある。試験方法により試験成績も異なる可能性があり、当該データは社内試験により得られた参考値として記載している。
ii 弊社従来品と比較
iii国立がん研究センターがん情報サービス最新がん統計 https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

製品概要

株式会社メディコンについて
㈱メディコンは、1972年にC.R.Bard社の手術用、検査用、泌尿器科用ディスポーザブル製品を輸入販売する「日本メディコ」として設立。小林製薬との出資比率が同等となる「株式会社メディコン」を経て、2015年よりC.R.Bard社の100%子会社として、血管、泌尿器および外科領域における治療用医療機器の販売で事業を拡大してきた。2017年12月、BDのC.R.Bard社買収に伴い、㈱メディコンはBDグループの一員となった。
主要製品:排尿ケア関連製品、エンドユロロジー関連製品、クリティカルケア関連製品、カテーテル固定関連製品、放射線治療関連製品、IVR関連製品、生検関連製品、ヘルニア手術関連製品、外科関連製品、PEG関連製品、静脈栄養・化学療法関連製品、透析関連製品

BDについて
BD(ベクトン・ディッキンソン アンド カンパニー)は、医療技術で世界をリードし、医療分野での新たな知見を求め、診断や治療の質を向上させることで、「明日の医療を、あらゆる人々に」提供することを目指している。患者さんの治療や医療プロセスに関する革新的な技術やサービス、ソリューションを開発することによって医療の最前線で活躍する人々を支えている。 世界で65,000人におよぶBD社員は、次世代の診断・治療法の研究開発の現場で研究者をサポートし、臨床現場における医療従事者の安全性や医療効率を向上させ、医学研究者たちによる診断技術の研究を促進するよう日々努力をしている。世界のあらゆる国の医療機関とパートナーシップを組み、世界規模の最重要課題に取り組むとともに、顧客である医療機関と緊密に連携することで、医療効果の改善やコスト削減、効率化、安全性の向上、医療アクセスの促進に寄与している。日本においては、2019年より、薬局における薬剤在庫管理を効率化する薬局ロボットを上市し、2020年7月に日本初となる市販薬用OTCデジタルディスプレイの実証実験を開始した。また、新型コロナウイルスの検出に貢献するBDの全自動リアルタイムPCR「BDマックス™ 全自動核酸抽出検出システム」は全世界で使用されており、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)検出専用試薬が2020年6月に発売となった。
BD and the BD Logo are trademarks of Becton, Dickinson and Company or its affiliates. All other trademarks are the property of their respective owners. ©2021 BD. All rights reserved

 

お問い合わせ

㈱メディコン

TEL: 0120-036-541(代表)

Share (facebook)
このページの先頭へ戻る