コニカミノルタ、「令和2年度コニカミノルタ画像科学奨励賞」受賞者が決定

2021.02.01

公益財団法⼈コニカミノルタ科学技術振興財団は、光と画像領域の研究に従事する若⼿研究者を対象に公募した「令和2年度コニカミノルタ画像科学奨励賞」の受賞者を決定した。

「コニカミノルタ画像科学奨励賞」は、光と画像領域において独創的な最先端技術にチャレンジしている若⼿研究者を奨励することを⽬的とし、今後ともこの領域で活躍される研究者への⽀援を通じて、科学技術の発展に貢献していく。

<奨励賞(優秀賞)>
⽯⽥ 真敏 九州⼤学 ⼤学院⼯学研究院応⽤化学部⾨ 助教
「第⼆近⾚外光吸収π共役⾊素を活⽤する光セラノスティクス応⽤」
⼤塚 憲⼀郎 ⼤阪市⽴⼤学 ⼤学院医学研究科 特任講師
「カテーテル型偏光測定OCTによる冠動脈脂質成分の評価法開発とそのコラーゲン組織改変に及ぼす役割の解明」
渋川 敦史 岡⼭⼤学 ⼤学院医⻭薬学総合研究科 特任助教
「世界最速⼀次元空間光変調器の開発と光波⾯シェイピングへの応⽤」
<奨励賞>
伊澤 誠⼀郎 ⾃然科学研究機構 分⼦科学研究所 助教
「低エネルギー光利⽤のための新原理フォトンアップコンバージョン」
稲⽣ ⼤輔 ⾦沢⼤学 医薬保健研究域医学系 助教
「脳内幸福シグナルの光学測定とAI画像解析によりマウスの“幸せ”を読み取る」
衞藤 雄⼆郎 京都⼤学 ⼤学院⼯学研究科 准教授
「2光⼦励起内視鏡イメージングのためのパラメトリック下⽅変換光源の開発」
⼤曲 駿 東京⼯業⼤学 物質理⼯学院 助教
「蛍光・光⾳響ハイブリッド顕微鏡法による量⼦収率・発光寿命イメージングの開発」
佐野 紘平 神⼾薬科⼤学 薬品物理化学研究室 准教授
「酵素反応に基づき⾼感度光⾳響シグナルを⽣じるがん標的ポリマー型イメージングプローブの開発」
⾼⽯ 和⼈ 岡⼭⼤学 ⼤学院⾃然科学研究科 准教授
「流動性を⽰すフルカラーキラル発光⾊素の合成」
髙嶋 ⼀平 神⼾薬科⼤学 薬化学研究室 特任助教
「シグナル増強システムを⽤いた亜鉛イオンの⽣体内蛍光イメージング」
⽥村 和輝 浜松医科⼤学 光尖端医学教育研究センター 助教
「細胞の機械物性計測を⽬的にした光学式機械物性顕微鏡の開発」
寺井 琢也 東京⼤学 ⼤学院理学系研究科 特任准教授
「近⾚外領域でのセンシングを⽬指したタンパク質・低分⼦複合型蛍光プローブの開発」
両⾓ 友喜 北海道⼤学 ⼤学院農学研究院 博⼠研究員
「作物畑におけるSIF放射伝達モデリングによる光合成遠隔推定」
⼭崎 誘三 九州⼤学病院 放射線部 助教
「慢性⾎栓塞栓性肺⾼⾎圧症の新たなスクリーニングツールの確⽴」
<連携賞>
中⻄ 勇介 東京都⽴⼤学 理学研究科 助教
「難病の多⾓的画像診断を可能にする⾰新的造影剤を⽬指した発光性ナノカプセル剤の開発」
(連携研究者)
佐藤和秀 名古屋⼤学 ⾼等研究院・医学系研究科 S-YLC 特任助教

<お問い合わせ>
コニカミノルタ科学技術振興財団 事務局
TEL︓03-6250-2120
http://konicaminolta.jp/pr/foundation

このページの先頭へ戻る