キヤノン、遠隔モニタリングデータを一元管理できる 「ペースメーカー統合管理サービス」の提供を開始

2021.01.15

キヤノンメディカルシステムズ株式会社(以下キヤノンメディカル)とキヤノン ITS メディカル株式会社(以下キヤノンIM)は、「ペースメーカー統合管 理サービス」の提供を本日より開始する。「ペースメーカー統合管理サービス」はペースメーカー各社が提供する遠隔モニタリングサービスの受信データを一元管理できるクラウドサービスだ。各社の異なる受信データを統 一して管理・表示することで、簡単かつ迅速に患者さんの状態を確認でき、医療従事者によるモニタリング業務の負荷軽減と効率化を図り、質の高い医療サービスの提供を支援する。
「CardioAgent Pro」とのデータ連携にも対応しており、医療機関内で保管されている患者さんのペースメー カーデータと受信データを関連付けることで、患者さんを中心に時系列で参照できるようになり、より患者さんの状態を把握しやすい。

連携ペースメーカー各社の遠隔モニタリングデータを一元化
ペースメーカー各社の遠隔モニタリングシステムから取得したデータを集約し、医療機関内に導入するゲートウェイ端末にデータを送信するため、手動でペースメーカー各社のシステムにアクセスする手間が軽減される。

受信データの一覧表示と対応ステータス分類化
画面起動時に遠隔モニタリングデータの受信状況が表示されるため、一目でアラートやイベントの有無を確認 することができる。ペースメーカー各社より受信したデータは、一元化された一覧/患者別に表示され、遠隔モニタリングデータの詳細を即座に確認することができる。受信データごとに対処方法をステータスで分類することにより、医療スタッフのワークフローを支援し、遠隔モニタリングの効率化につなげることができる。

<お問い合わせ>
キヤノンメディカルシステムズ株式会社
広報室
0287-26-5100(直通)

キヤノンマーケティングジャパン株式会社
広報部 パブリックリレーションズグループ
03-6719-9093(直通)

このページの先頭へ戻る