アルム、豊田通商と医療デジタルサービスの業務提携契約を締結

2020.12.29

株式会社アルムと豊田通商株式会社は共同で、全世界の医療デジタルプラットフォームの構築及び医療デジタルサービスの提供を行い、医療の安全性・品質の向上を目的に業務提携契約を締結した。

この度の業務提携により、豊田通商が展開する医療機関と周辺医療施設をアルムが開発・提供する医療関係者間コミュニケーションアプリ「Join」でつなぎ、遠隔での医療交流を実現する。
また、豊田通商が医療事業を他の国や地域に展開していく際にもアルムと相互連携し、「Join」を医療施設関連携の基盤として活用していくという。

豊田通商がインドで運営するSAKRA WORLD HOSPITALと、豊田通商グループのCFAO SASの子会社がアフリカのガーナ・ナイジェリアで運営するクリニックEuracareを「Join」でつなぎ、両施設の専門的知見の交換による医療サービスの向上、遠隔診療を実施する。

豊田通商とアルムは、デジタルツールの活用をした医療事業を推進することで、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標3「全ての人に健康と福祉を」の達成に貢献していく。

<お問い合わせ>
株式会社アルム チームプラットフォーム部
広報担当:工藤
Email:press@allm.jp

豊田通商株式会社
広報部 報道グループ
Tel:03-4306-8200

このページの先頭へ戻る