富士フイルム独自の抗菌技術を活用した環境清拭材、感染症抑制効果を確認

2020.11.16

富士フイルム株式会社は、当社独自の抗菌技術により抗菌効果が長く持続する環境清拭材「Hydro AG+(ハイドロエージープラス)アルコールクロス/スプレー(80%)」について、新型コロナウイルスに対する効果確認のための評価試験において、99%のウイルスを不活化したという結果を得た。
本評価は、帯広畜産大学との共同研究の一環で実施したもの。本製品を用いた環境清拭を継続的に実施することで、 SARS-CoV-2の感染抑制効果が期待できるという。

「Hydro AG+アルコールクロス/スプレー(80%)」について
独自の抗菌技術により銀系抗菌剤と室温で硬化する超親水ポリマーがアルコール溶液中に安定的に分散されている。本製品を使用すると、対象物がアルコール除菌されるとともに、対象物の表面に銀系抗菌剤を含む超親水コーティング層が形成され、アルコールが蒸発した後も除菌効果が持続する。
本製品は医療や介護の現場、一般家庭における環境清拭用途として多くの方に活用されている。

評価試験の概要と結果
本製品の液剤を、それぞれ20回・40回・60回※2塗布した3種類の試験フィルムを用意し、塗布20日経過後に以下の評価を実施。
 試験フィルムの液剤を塗布した面に、SARS-CoV-2液を滴下し、その上に無加工のフィルムを被せて密着させ、室温で24時間静置。その後、SARS-CoV-2液を回収し、感染力を持つウイルス料の指標であるウイルス力価(りきか)※3を算出。試験フィルムに滴下したSARS-CoV-2液※4と、試験フィルムに滴下せずに室温で24時間静置したSARS-CoV-2液のウイルス力価を比較し、「Hydro AG+(ハイドロエージープラス)アルコールクロス/スプレー(80%)」の液剤を塗布した試験フィルムのウイルス不活化を評価した。

この結果から、たとえば、本製品で一日2回の清拭を継続すれば、対象物の表面に銀系抗菌剤を含む超親水コーティング層が日々塗り重ねられ、10日後には86%以上のウイルス不活化効果が出始め、20日後には99%以上のウイルスを不活化することが期待できそうだ。

<問い合わせ>
富士フイルム株式会社 メディカルシステム事業部
TEL 080-2675-4336

このページの先頭へ戻る